昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/01/11

source : 文春新書

genre : エンタメ, 読書, 社会

中国で富裕層と寝ると15万~30万円?

 2016年に引退した某人気AV女優は「事務所を通さない例もある」と話す。「元AV女優の友達から、『中国で富裕層と寝る15万~30万円のバイトがある』と持ちかけられました。リスクが大きいし、なにより金額が安すぎたので遠慮しましたが……」

 アダルト業界は、一般企業としての常識を備えたクリーンな業者も存在するいっぽうで、その裏側には闇も果てしなく広がっている。これは日本のAV女優の中国進出についても例外ではない。

インバウンド「日本買春ツアー」の実態

 2010年代に入り、中国人の日本AV受容の歴史は新しい段階を迎えていく。それは、中国人の訪日観光旅行の活発化によって、AV女優に会うことを目的として日本に旅行する人が出てきたことだ。

 あるAV業界関係者は、「数年前まで、在日中国人系の旅行会社から、中国人の日本ツアーにAVの撮影現場見学を組み込ませてほしいというオファーを何度も受けた」と話す。「スマホを使って無断で女優を撮影されるといったセキュリティ面への懸念と、公然わいせつ罪に問われるリスクがあるので断りました。仮に逮捕された場合、女優・事務所・AVメーカーが共倒れになってしまいますから、この手のオファーにOKを出す業界関係者はほとんどいないと思います」

©iStock.com

 ただし、在日中国人系の旅行会社が「ニセ現場」に案内している例はある。「本物のAVの撮影現場だと偽って、カメラが回っていない状態の男女のカラミを中国人観光客に見せるわけです。本物のAV女優が演じる例はほとんどなく、風俗の女性などをヤラセで使っているみたいですね」(同前)

 おそらくこうした業者が手がけているのだろう。中国のネット上では、AV撮影現場の見学やAV女優による一日エスコート、「女体盛り体験」などを売りにした、怪しげな日本エロ旅行の広告も密かに出回っている。

 たとえば、私が2017年1月に入手した「日本買春7泊8日ツアー」のパンフレットのおおまかな内容を以下に紹介しておこう。