昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《春には中3に》秋篠宮悠仁さま 「学習院以外」のご進学先に、佳子さまが与えた“影響”とは

2021/01/31

genre : ニュース, 社会

「“姉”が目指した都内私立大トップの付属高校か、皇室にゆかりの深い学習院高等科か――」(秋篠宮家関係者)

悠仁さまが来春、どの高校に進むか

 2021年春に中学3年生に進級する秋篠宮家の長男悠仁さま。現在通学しているお茶の水女子大学附属中学校は高校から女子校になるため、外部のどの高校に進むかが注目されている。悠仁さまの進学問題は、両親の秋篠宮ご夫妻を中心に、ごく一部の関係者だけで検討が進められている「トップシークレット」案件だが、選択肢は冒頭の2つに絞られたようだ。

秋篠宮さま立皇嗣の礼の日の悠仁さま。御仮寓所で ©️JMPA

佳子さま受験の私大付属高か、学習院高等科か

 秋篠宮家関係者が続ける。

「私立大トップを目指した“姉”とは、次女の佳子さまのことです。佳子さまは、2013年の学習院女子高等科を卒業する際と、2014年に学習院大学を中退した後の計2回、冒頭で紹介した東京のトップクラスの私立大学を受験しました。しかし、残念ながら、いずれも不合格の結果に終わっています。佳子さまは幼稚園から学習院で学びましたが、あえて違う環境に身を置きたいというチャレンジだったのです。

 目標に挑戦する姉の姿を見て、悠仁さまが高校の進学先にその私大の付属高を希望した可能性はあります。また、ご両親も、その高校に関心を寄せたようです。付属高校に入れば、大学にもそのまま進学できるため、落ち着いた学習環境で学べる点に魅力を感じたのかもしれません」

 進学先のもうひとつの選択肢は、学習院高等科だ。上皇さま、天皇陛下の出身校で、将来の天皇の進路先としては「王道」である。もともと、学習院は皇族、華族のための教育機関だったわけで、戦前は旧宮内省の管轄下で学習院に進学するのが暗黙のルールだったともいえる。(佳子さまの受験結果と悠仁さまのご進学について、宮内庁は、「公表している事項以外の事柄についてのお答えは差し控えさせていただきます」と回答)

 戦後はそうした「縛り」はなくなった。とはいえ、2010年、悠仁さまという次世代の天皇候補が学習院ではなく、お茶の水女子大学附属幼稚園への入園を選んだ際は、宮内庁内でも驚きの声があがった。