昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

安藤 変わってきましたね。

有働 ほんの10年前までは、何かを犠牲にしないと仕事の第一線にはいられなかったのに、今は結婚して子どももいて幸せそうな人のほうが共感を得られる。「もっと早くルールを変えてよ。ふり回された」と思っちゃいました。

オッサンに同化してナンボ

安藤 メチャクチャよくわかります。言いたいことがありすぎて、どこから話していいかわからないんですが、結婚したときに……私、2回結婚しているんですけど(笑)。

有働 うらやましい。

安藤 いえいえ。そう、結婚したときに「これで安藤さんも丸くなるな」って言われたんです。それがすっごい嫌で、「絶対丸くなってやるものか。ますますとんがってやろう!」と思ったんです。

有働由美子さん

有働 (笑)

安藤 私たちの時代は、オッサンに“同化”して、その10倍20倍働いてナンボでした。女性性を封印しないと、オッサンは自分たちの仲間として認めてくれない。オッサンのように振る舞い、オッサンのように仕事をすることで、ようやく居場所をこじ開けることができました。

有働 だから「丸くなる」と言われて反発されたんですね。

安藤 そう。その言葉が私には「あいつもようやく俺たちの軍門にくだったか。これで女に戻るだろう」という風に聞こえたわけです。

◆ ◆ ◆

出典:「文藝春秋」2月号

「文藝春秋」2月号および「文藝春秋digital」掲載の10ページにおよぶ対談「だからニュースキャスターはやめられない」には、昨夏、ネット炎上した酷暑のニュースを現場から伝えるレポーターとのやり取りの舞台裏、有働さんが安藤さんに聞く「結婚のコツ」、生放送への覚悟やこれまでもっとも印象的だったインタビュー相手、そして政界進出の可能性についてなどが余すところなく語られている。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
文藝春秋

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z