昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/08

「初めてバイトもしてお金を稼ぐことの大変さを知りました」

 現在、國學院大學人間開発学部で教員を目指して勉強中の幸山一大さんは、この世代の育成ドラフト1位でした。2018年オフに戦力外通告を受けると、進学することを決意。國學院大學と日本プロ野球選手会による引退後のセカンドキャリア支援制度「セカンドキャリア特別選考入試」の合格者第1号となりました。将来、母校の富山第一高校で野球の指導者になることを志し、引退後すぐにプロ野球経験者が学生野球の指導者になるための学生野球資格回復研修を受講。翌春から学生生活をスタートさせ、2年生の今は来年度から始まる教育実習に向けて模擬授業や課題レポートに追われているそうです。「大学は自由だからこそ、自分は何をしているんだと日々自問自答します。今まで野球しかしてこなかったからWordやPowerPointの使い方も知らなかったし、初めてバイトもしてお金を稼ぐことの大変さを知りました」ともがきながらも充実した日々を送っているようです。

 プロ野球の世界で奮闘を続ける同期達を見て、「現役の時は自分のことで精一杯だったけど、今1軍で結果を出しているところを見て、改めて凄いな~と思います。何だか一言では表せないけど、嬉しいですよ。自分も頑張ろうってなりますし」と幸山さん。現在は神奈川県に住んでいるため、東京ドームで行われた交流戦は同期の雄姿を見に行ったそうです。

松本投手、栗原選手と再会した幸山さん ©幸山一大氏提供

 大学生になり、視野が広がった幸山さんは「最終的には母校で先生になりたいですが、まだ世の中のことを知らなすぎるので、いろんな世界を見てから目指すのもいいなと思いました。“こんな経歴の先生いない”ってくらいいろんな経験をしたら先生としての引き出しも増えると思うので」と熱く語ってくれました。その姿から、既に先生感が溢れていました。

 先生と言えば、この年のドラフト5位だった島袋洋奨さんも引退後、母校の興南高校に勤めています。学生野球資格回復研修を済ませ、現在は教員免許取得のため通信制大学に通いながら事務職員として「奮闘大苦戦中です」とのことです。島袋さんも同期達の各方面での活躍に元気をもらっていました。育成ドラフト2位の齋藤誠哉さんは独立リーグの福島レッドホープスで、同3位の山下亜文さんは沖縄のアーマンズというクラブチームで野球を続けています。山下さんは「同期の活躍、めっちゃ嬉しいですよ」と刺激を受けていました。同5位の柿木映二さんは引退して球団のスポーツ振興部に勤めてもう4年目。立派な社会人になっていました。同6位の金子将太さんは豊洲の卸売市場で元気に働いているそうです。同7位の河野大樹さんは球団の興行運営課で働いており、同8位の中村恵吾さんはエイジェック女子硬式野球部のコーチを務めていると同チームのホームページにて確認しました。

 今回話を聞かせてくれたメンバーたちが口を揃えて言っていたのは、同じ年に夢の舞台へ飛び込み、苦楽を共にしてきた仲間は「いつまでも特別な存在」だということ。次のステージに進んだメンバーも、プロの舞台で戦い続ける選手たちも、かけがえのない仲間と過ごしてきた日々を糧に、素晴らしい未来を切り開いて欲しいと切に願います。栗原選手、笠谷投手、松本投手! 同期達の分まで更なる飛躍を期待しています!

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ウィンターリーグ2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/43333 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー