昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/02/15

上にいたのは近藤、東山、木村だが……

 長い間、ジャニーズ事務所内の序列のトップには近藤真彦(56)が君臨していた。だが、近藤をかわいがってきたメリー喜多川氏(94)が昨年9月に会長から名誉会長に退いたことで影響力が落ち、さらに昨年11月には近藤の不倫が報じられて滝沢副社長の下で謹慎を余儀なくされた。

「ジャニーズに近藤の居場所はもうありません。芸能活動をせずにレース活動ばかりだったので、後輩からもあまり慕われていない。頂上にいた近藤が抜けたことで、現在のパワーバランスはトップに東山紀之、次に木村拓哉という順番。しかし東山は一昨年に他界したジャニー喜多川氏の最高傑作であり、木村はジュリー氏のライバルだった飯島氏の作り上げたスターです。彼らは滝沢副社長にとっては大先輩でもあり、扱いやすい相手とは言えない。その点、松潤はジュリー社長に育てられ、滝沢副社長の2学年下でしかも仲がいい。これから松潤のポジションはより強いものになっていくと思われます」(前出・スポーツ紙芸能デスク)

東山紀之 Johnny'snetより

 嵐のラストライブや11月の「アラフェス2020」の演出を任され、大河への主演も決まりジャニーズの王道をひた走る松本。30代後半にさしかかっているが、キラキラの王子様ルックスも健在だ。

 大河出演中の8月に、松本は40歳の誕生日を迎える。嵐は二宮に続いて誰が結婚するかも注目が集まっており、その行方にも注目だ。

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー