昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/03/12

入園券とアトラクション券は別だった

 アトラクションといえば、当時のパスポートはビック10という名称のアトラクション券(1992年に廃止)を販売しており、人気の高いマウンテン系のアトラクションに乗るための「E券」だけが早めになくなる…というのが大方だったと思われます。

筆者の持つ歴代パスポートやTODAY

 実は、このビッグ10というチケットを販売していたチケットブースは、トゥモローランドではポップコーンを販売している「ポッピングポッド」(「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」の横にあるポップコーン専門店)

ポップコーンを販売する「ポッピングポッド」

 ファンタジーランドでは「クレオズ」というドリンクショップ、アドベンチャーランドでは自動販売機のある小屋がその名残。

 どれも小さな建物でいかにもチケットブースっぽい造りになっているのも興味深いですね。敢えて雰囲気はそのままに別の店舗としてリニューアルしているところなどが、以前のパークを知る人にもノスタルジーをそのまま感じさせてくれるゆえんなのかもしれません。

 なお、東京ディズニーランドに至っては1983年の開園当初は5つだったテーマランドも1992年のクリッターカントリーオープン、1996年のトゥーンタウンの大規模開発、そして2020年の新エリアオープン…と続き、2001年に誕生した東京ディズニーシーに至っては、新テーマポート「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)が、2023年度中の開業を目指してプロジェクトが進行中。

新エリア建設中のディズニーシー

 55年後の2076年まで東京ディズニーリゾートはウォルト・ディズニー社とのライセンス契約が締結されていますので、今後も我々ゲストをどのように楽しませてくれるのか。

 東京ディズニーリゾートの躍進はまだまだ続いていきます。夢の世界に終わりはありません。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(25枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー