文春オンライン

ブルーの家で「宅飲み」していたメンバーたち

 2月7日の夕方のこと。「シアターGロッソ」でのショーを終えたイエロー役の木原瑠生(22)とシルバー役の庄司は、品川区内にあるキラメイブルー役の水石亜飛夢(25)の自宅マンションに集まっていた。近所のコンビニやスーパーで酒を大量に購入し開催された“宅飲み”は深夜まで行われていた。

ブルー役の水石亜飛夢 公式HPより
“宅飲み”の前にコンビニで買い物をする水石(右)と庄司 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

 かつてヒーロー役を務めた“戦隊OB”の中堅俳優が語る。

「戦隊モノの撮影は朝5時集合など早朝からのスタートがザラにあるので、出演する役者は撮影期間中だけでも、東映の撮影所がある大泉学園周辺に住むことが多い。ブルーのように都心に住むのは珍しいケースですね。

 戦隊モノのヒーロー同士は1年間一緒に撮影をするから自然と仲が良くなる。ブルーの家に集まっているように、ある特定の色のヒーローの家に集まって飲み会を開くというのは、歴代の俳優たちに受け継がれる戦隊ヒーローの“伝統”とも言えます」

 その“伝統”の場に恋人とともに登場したのが、シルバー役の庄司だ。

シルバー役の庄司浩平 公式HPより

 2月17日17時、ブルー役の水石はファンにむけて自身のインスタでライブ中継を行った。「青のお兄さん」と題したこのライブで、水石はファンの子どもたちの書き込み対して名前で呼びかける優しさを見せ、得意のダンスを披露。中盤、「お兄さんはこの後大事な予定があるから…」と意味深な発言をしていたが、その「大事な予定」というのが、ブルーの自宅での「宅飲み」だった。

水石亜飛夢インスタグラムより

女性の肩を抱いたシルバー庄司が登場

 放送終了後、ブルーの自宅にはウーバーイーツで食事が届けられ、近隣には部屋から聞こえてくる男女の笑い声が響いていた。そして23時、小柄な女性の肩を抱き、水石の自宅から千鳥足で出てきたのが、シルバー役の庄司だった。

水石の家から女性と出てきたシルバー役の庄司 ©文藝春秋 撮影・細尾直人
水石の家から女性と出てきたシルバー役の庄司 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

「キラメイシルバーは第12話から登場した戦士です。時代錯誤な昭和ノリの怪力青年で、口癖は『ワンダー』。物語ではレッドと並ぶ重要キャラで、兄貴分としても慕われている。庄司自身は役者としてキラメイジャーがテレビ初出演作。現在売り出し中の若手俳優です。劇中の役どころと同様に、“昭和歌謡好き”を公言しており、特に山口百恵、アリス、河合奈保子、沢田研二のファンだそうです」(前出・テレビ誌ライター)