昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「女性は長年交際している女子大生」

 庄司と女性は最寄り駅から地下鉄に乗り込むと、手を繋いだまま座席に座り、真っ赤な顔を寄せ合いながら爆睡すること30分。押上駅で降りると、東京スカイツリーから程近い観光用ホテルに吸い込まれていった。

 庄司の知人が説明する。

「庄司と一緒にいた女性は長年交際している女子大生です。高校の同級生で、互いに実家暮らしのため、ホテルに行ったようです」

仲良く手を繋いで歩く庄司と女子大生 ©文藝春秋 撮影・細田忠

 翌日、昼前にチェックアウトした2人。その後、庄司と女性は“下町デート”を楽しんだ。深川で食事をとり、公園のベンチで休憩。カラオケボックスやゲームセンターで彼女と過ごす庄司の姿は、ヒーローたちが望んだ平和な日常そのものだった。

仲良く手をつないで歩く庄司と女子大生 ©文藝春秋 撮影・細尾直人
ベンチに座りデートを楽しむ庄司と女子大生 ©文藝春秋 撮影・細田忠

 庄司の所属事務所に、女性との関係を問い合わせると、「高校の同級生で大切な人と聞いております。役者としてまだ未熟ですのでこれからも精進してまいります」と回答した。

 前出の戦隊ヒーローOBが語る。

「最終回を終えても、戦隊モノのヒーローを演じたという実績は、その役者のキャリアに一生ついて回るものです。庄司君も『元キラメイジャーのシルバー』と、これから先も言われ続けるはずです。それが戦隊モノのヒーローを演じた者の宿命。売れる役者、売れない役者の差も出てきますが、どちらも大変です。たまに昔の仲間で集まることがありますが、『戦隊モノをやっていたときが一番よかったね』って話をしています」

 庄司の俳優人生は始まったばかり。庄司にはキラメイジャーのように“輝く道”を歩んでいってほしい。

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(46枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z