昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「鳥の糞が室内に…」妻殺害の44歳会社員に“家庭内トラブル” 母親を直撃《国立市・自殺偽装転落死》

genre : ニュース, 社会

「奥さんが亡くなってから、警察はずっと夫を疑っているようでした。鑑識がいろんなところを採取して、マネキンを使った検証も何回も見かけた。写真を持っての聞き込みも連日だったし、張り込みらしき人影も。アパートの住民もほとんどは『あれは事故や自殺ではなくて殺人なのでは……』って思っていました」(都営アパート住民)

逮捕され自宅アパートを出る高張潤容疑者 Ⓒ文藝春秋 撮影/細田忠

 2月28日、警視庁に殺人容疑で逮捕されたのは国立市に住む建築会社社員の高張潤容疑者(44)。高張容疑者は、昨年11月29日に妻の麻夏さん(41)を飛び降り自殺に見せかけて都営アパート9階から転落させ、殺害した疑いが持たれている。

落下する麻夏さんの背後に不審な人影

「遺体のまぶたに、窒息した際に出来たとみられる出血痕があった、高張容疑者は麻夏さんの首を絞めて朦朧とさせた後、9階のベランダから突き落とした疑いが濃厚。ベランダの手すりには麻夏さんが触れた痕跡もなく、自分で飛び降りたとは考えづらい。ちょうどベランダが映っていた防犯カメラには、人が落下する様子や、落下する直前、麻夏さんの背後に不審な影も映っていた」(捜査関係者)

事件現場となったアパート Ⓒ文藝春秋 撮影/細田忠

 高張容疑者は事件翌日の30日早朝、自ら110番通報をして次のように供述している。

「タバコを吸いにベランダに出たら、下に妻が倒れていた」

「前日の夜に喧嘩をした。その後子どもを寝かしつけていたら、気づいたら妻がいなくなっていた」

「育児に悩んでおり、自殺だったと思う」