昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/03/09

source : 文藝春秋 digital

genre : ニュース, 社会

「陛下のお言葉を機に、眞子さまも冷静になってくだされば…」

 これまでに陛下は眞子さまと小室圭さんのご結婚について、公にご意見をおっしゃることはなかった。今回の誕生日会見でのご発言を受けて、陛下は天皇家の「家長」というお立場から現状を非常に心配しておられるのではないか、と推察する声とともに、このような声も聞こえてきた。

「陛下が『多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております』とおっしゃったことで、正直に申し上げてほっとしました。眞子さまが公表された文書だけを拝見すると、両陛下が小室さんとのご結婚を好意的に見守られているようにも受け取ることができ、意見を申し上げることがはばかられました。陛下のお言葉を機に、眞子さまも冷静になってくださればよいのですが……」(宮内庁関係者)

2020年、眞子さまお誕生日に際してのご近影 宮内庁提供

 小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者の男性の間で起きた金銭トラブルをきっかけに、眞子さまのご結婚問題は3年以上のあいだ解決の糸口が見えない状態が続いている。秋篠宮さまはお二人の結婚を「認めるということです」とおっしゃったが、国民からの懸念や反対の声は根強く残ったままだ。

守谷絢子さん「両母親のつないだ素敵なご縁だったのかなと思っております」

 皇室典範は、「皇族女子は、天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる」と定めている。近年、結婚によって皇籍を離れられた女性皇族は、上皇ご夫妻の長女・紀宮さま(現・黒田清子さん)、高円宮家の次女・典子さま(現・千家典子さん)、三女・絢子さま(現・守谷絢子さん)だ。

「私に守谷さんを紹介した母の思惑がどうであったのかはわかりませんが、二人でさまざまな場所へ行き、時間や思い出を共有していく中で、自然とお互いに惹かれあい、今日という日を迎えられましたことは、両母親のつないだ素敵なご縁だったのかなと思っております」

婚約内定記者会見での絢子さま(当時)と守谷慧さん ©JMPA

 2018年7月2日に行われた絢子さま(30)と日本郵船に勤務する守谷慧さん(34)の婚約内定記者会見は、お二人の初々しい笑顔と終始和やかな雰囲気が深く印象に残っている。