昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/03/14

食べられるものなら基本OK「春夏はちょっと攻めている」

ーー再現度もそうですが、他社ではありえないチャレンジ精神を感じます。「夏野菜チョコレート」なんて、まず手を出さないのでは、と。

松尾 出さないと思います(笑)。特に春夏のフレーバーはちょっと攻めているんです。

 チョコレートは秋冬のほうが圧倒的に売り上げが大きいので、秋冬で一つコケると結構痛手なんですけど、春夏はもともとの分母が小さいので、少しチャレンジングな商品を出しています。「チロルが面白いことやってるね」と思ってもらえるメリットもあると思うので。

 

ーーこれだけは出せないといったフレーバーはあるのでしょうか。

松尾 ないですね。ただし、原料に〈エビ〉と〈カニ〉は使わないようにしています。〈エビ〉と〈カニ〉を使うと、同じ工場で作っているすべての商品をエビやカニアレルギーの方が食べれなくなってしまうので。

ーーじゃあ、食べられるものだったら。

松尾 基本的には大丈夫です。あるお店のミネストローネが美味しいなんて話を聞いたら「やってみようか」となりますし、「まだパスタはやってないよね」「カルボナーラとかどうなの?」とか手を出していないジャンルがあったら話し合いをします。

ーーおにぎりとかどうですか。

松尾 発想としてはアリですね。ただ、ご飯の味って表現しにくいので現実的には難しいと思います。

 でも、正直なところネタがなくなりつつあるので、それぐらいのレベルで発想していかないと。おそらく大手さんも含め、フレーバーだけでいうと出尽くしている感はあるので。開発が年々難しくなっています(笑)。

近年、チロルチョコが力を入れるミニサイズの〈プチロル〉

 もちろん、味以外にもいろいろと試行錯誤しています。昨年8月には〈ミルク〉を食べやすいよう薄くハーフサイズにカットした袋詰めの「ミニミルク」、9月にはチロルチョコを台形のまま約24分の1サイズにした〈ミルク〉〈いちご〉〈バナナ〉〈メロン〉〈きなこ〉の5種類を1袋に納めた「プチロル」も販売しています。食べやすいサイズで好評です。

【後編を読む】中国で売れまくっているのは〈甘くないスイカ〉味…国民的お菓子・チロルチョコの海外での反応は

撮影=石川啓次/文藝春秋

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(28枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z