昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/03/18

乗降客数の想定は1日約65000人

 鉄道マニアにも知られていない村岡新駅の前途多難ぶりを感じながらさらに歩くと、線路をまたぐ陸橋があった。

 その上から藤沢駅方面を眺めてみると、中央あたりに敷設された古いレールが見える。かつての貨物用の線路がそのまま放置されているもので、これをはずせば島式ホームを設置することができそうだ。

線路に掛けられた、なかなか年季の入った陸橋。こう見えて車も通ることが可能で、意外と交通量も激しい。
右から2番めの中途半端に放置された線路が、かつての貨物線のレールだったようだ。ここを撤去すれば島型ホームが設置できそうだ。

 陸橋を降りて少し歩くと、「十二天公園」があり、そこに子供連れで来ていた主婦の方に話を聞いてみた。

「駅ができるという話は聞きました。でも、正直言って利用しないと思いますね…。私の家はもっと藤沢寄りなんですけど、このあたりは静かなので、それが気に入ってよく遊びにきてるんです。なので、新駅ができて賑やかになったら逆に来なくなると思います」

新駅予定地とされる場所には、テニスコートが設置されていた。奥にはフットサルコートも。

 計画によると、新駅の乗降客数の想定は1日約65000人という。現地周辺を見て回ったところ、正直言ってこの場所にそんなに人が来るとは思えない。

 営業開始となる2032年には、周辺住民から大歓迎となっているのだろうか。

素鞠清志郎/清談社

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(19枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー