昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

惣田の小悪魔テクに遊び仲間もコロッと

 夢に向かって着実にステップアップしてきた惣田だが、プライベートも人知れず充実させてきたという。惣田の知人が明かす。

惣田紗莉渚 本人インスタグラムより

「渋谷にキャンパスがある青山学院大卒の惣田は、プライベートでは港区や渋谷区内の飲食店の常連で、遊び仲間も多い。握手会で培った彼女の小悪魔的なテクニックに、コロッと落とされてしまい、彼女をお姫さま扱いする男の飲み仲間も多いです。ここ1、2年はジャニーズタレントとの親交も深く、冨岡とは別の、人気ジャニーズタレントとの関係が噂されたこともありました」

惣田紗莉渚 本人インスタグラムより

「家に行きたい」と懇願し続けた富岡

 舞台「未来記の番人」の本公演が新橋演舞場でスタートした3月12日以降、冨岡はすっかり惣田に魅了されていた。東京都による飲食店への自粛要請のため20時でほとんどの飲食店が時短営業をする中、深夜営業している高級焼肉店を訪れたのは、冒頭で記した14日の午後9時頃のことだ。

 対面でテーブル席に座った2人。この店での滞在時間は4時間を超え、冨岡は肉もそっちのけで、何度も惣田をじっと見つめ、彼女の自宅に行ってもいいかと、懇願し続けた。

焼き肉店を出た二人 ©文藝春秋 撮影・細田忠

「終電を気にして、他のお客さんは24時前には次々と帰っていきましたが、おふたりはかなりの時間、粘っていましたよ。後半は随分とお酒が回ったようで、向かい合って座っていたのに、(テーブル越しに)ずっと手を繋いでいました」(店舗関係者)

3月15日、焼き肉店を出てタクシーに乗り込む冨岡と惣田 ©️文藝春秋 撮影・細田忠

 深夜2時、店を出てきた2人は1台のタクシーに乗り込んだ。タクシーは都内の惣田の自宅前で止まったが、そこから出てきたのは惣田1人。タクシーは冨岡だけを乗せて走り去った。冨岡の必死のアタックは実らなかった。

3月17日はラーメン店、21日はついに…

 だが冨岡は諦めなかった。3月17日の公演の後も、冨岡は惣田とともに深夜営業をしているラーメン店を訪れた。

3月17日、深夜営業しているラーメン店を訪れた二人 ©️文藝春秋 撮影・細尾直人
3月17日、深夜営業しているラーメン店を訪れた二人 ©️文藝春秋 撮影・細尾直人
3月17日、深夜営業のラーメン店を訪れた2人 ©️文藝春秋 撮影・細尾直人

 そして、東京での千秋楽公演が行われた3月21日の午後3時。芝居が跳ねた2人は、楽屋を出ると、時間差で劇場から程近い中央区内のホテルへと入っていったのだった。