昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

拝啓オリックスファンの皆様 「関西なら阪神ファンちゃうの?」と言われても…

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/03/26

 オリックス・バファローズファンの皆様、いよいよ我らの2021年シーズンが幕を明けます
 律儀にスコアブックを付けてオリックス優勝の時を待ち続ける皆様
 辛い時も明日があると明日は勝つと信じて、明日は打つと信じて明日を信じてきた皆様
 崩れ落ちそうになる時もオリファン同士で励まし合い、輪を深めてきた皆様
 素晴らしい勝利を見る為に日々働き会社という組織で奮闘し、貯金をチケットに変えてきた旦那様
 普段しないお化粧をして、亭主にどこに行くの?と聞かれながら京セラドームに来てくれる奥様
 アルバイトをしているのはオリックス戦を見に行く為! そう言ってくれる学生の皆様
 ん? なんでオリックスなん? 阪神ファンちゃうの?と言われてきた関西の皆様
 西君がタイガースに行き、糸井君がタイガースに行き、でもやっぱりT-岡田がいるオリが好きな皆様
 しんどい仕事の時は、吉田正尚が放つ放物線を実況する自分を思い出す僕、田中大貴
 かわいい娘になんでオリックスに山田哲人みたいな選手はいないのと聞かれたあの夜
 わからへん、なんでやろうなぁて答えて、内心、履正社やったら哲人君、オリ来てや!と思った夜
 関西のどこにオリックスファンおるん?て言われていっぱいおるわ!て言える日が来るはず!
 ライナー性の打球がそのままスタンドに入るアダム・ジョーンズもおるし!
 内野ゴロを美しく捌く、安達了一も、守備範囲の広い駿太らもチームを鼓舞してくれるはずやし!
 インコースに強気に投げる涼しい顔した田嶋大樹もいてるし!
 吉田凌君は僕と同じ兵庫の播州出身、母の故郷・西脇市出身、そら実況には力が入るし!
 ローボールを上手くスタンドに運ぶ紅林弘太郎も太田椋も出て来てくれたし!
 コースにビッチビッチに投げ分けるえげつないボールを投げる山岡・山本の二枚看板は自慢やし!
 ビクトリーロードに向けて考えさせる野球をやる仰木2世・中嶋聡さんが監督になってるし!
 頑張れなんて言わない、2021年は。一投一打に一喜一憂したい。どこよりも絆は強いで我らは!
 あなたもあたしもみんな気持ちは一緒、だってオリックスのことがこんなにも好きやねんで!
 ルールはただ一つ、文章頭文字の縦読みに込められたこの想いのみ! さあ行こう、25年ぶりに!

 

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/44312 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー