昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/04/13

source : 翻訳出版部

genre : ビジネス, 企業, テクノロジー, 経済

Society5.0が真に問うものは

 実はSociety5.0が真に問うものは、まさにデジタル時代における社会全体のアーキテクチャのゼロベースの創造と転換である。モノ中心の言わば有形物中心の社会から、コト中心、データや知識やサービスといった無形の付加価値中心の社会へ。地表のせいぜい山谷の起伏や海くらいの目視的リアルの世界から、そこにサイバー空間という多層的でネットワーク的な質量のない観念空間における空中戦が被(かぶ)さってくる3次元的な世界へ。そこで産業と社会の大変容した姿こそがSociety5.0であり、これは非常に大それた根こそぎ変革を提唱しているのだ。だから、それを実現するためにはアーキテクチャに関わる組織能力を日本企業、いや日本社会全体が異次元に高める必要がある。

 その問題提起のために西山氏は役人時代に経団連会長の中西宏明さんも巻き込んで運動論を開始している。もちろん私もそれを応援しているが、昨今のゼロエミッション政策に関わる風潮をみるにつけ、この危機感は増すばかりである。本書によってアーキテクチャ論の本質とその重要性を一人でも多くの読者に共有してもらいたい。

【前編を読む】「DXなのだからデジタルを使う」は決定的な勘違い…問題解決のために本当に必要な“戦略”とは

INFORMATION

『DXの思考法 日本経済復活への最強戦略』刊行記念講演会のお知らせ

【日時】4月16日(金)19:00-21:00
【登壇者】西山圭太(東大客員教授)、冨山和彦(IGPIグループ会長)、松尾豊(東大大学院教授・人工知能研究者)
【定員】 300名(Zoom使用/無料)

主催 資本主義の教養学講演会
運営協力 文藝春秋 

【お申し込み先】 https://www.peoplefocus.co.jp/topics/?p=9422

DXの思考法 日本経済復活への最強戦略 (文春e-book)

西山圭太 ,冨山和彦・解説

文藝春秋

2021年4月13日 発売

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー