昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「宿題」より「ゲーム」を優先する子に“説教”は効果なし! 理性的な行動をとらせる“唯一の方法”とは

『「しつけ」を科学的に分析してわかった小学生の子の学力を「ほめる・叱る」で伸ばすコツ』より #1

2021/04/12

子どもが理性的な行動を取れるようになるための方法

 2階の脳を育てる方法は実にシンプル。2階の脳を使わせるということです。身体を育てることを想像してみてください。子どもは、ただご飯を食べてよく眠るだけでも、日々成長していきます。骨格が大きくなり、筋肉もついていきます。しかし、それだけでなく運動をさせれば、筋肉の成長はより早くなります。脳の場合でも、人の成長原理は同じです。ただ育つに任せるだけでも、子どもの脳は自然と成長していきますが、正しく使わせることで脳の成長をより早めることができます。

©吉村堂

 では、どうすれば子どもに2階の脳を使わせることができるでしょうか? それは子ども自身に話をさせることです。誰かの話を聞き流すのは、頭を使わなくてもできてしまいます。失敗して叱られ、苦痛な時間を耐えるために、話を聞いているふりをするだけ。長々とお説教をして「わかった?」と確認し、子どもが「うん」と答える。よくある光景ですが、わかっていないからまた同じ失敗を繰り返します。そもそも、こうしたお説教はほとんど、あるいはまったく効果がない場合が多いということを覚えておいてください。

 これに対して、子ども自身が話す場合を考えてみてください。自分で頭を使って考えないと、話すことはできませんよね。失敗したら、状況を整理して問題点を把握し、今後どうするべきか妥当な結論を考える。これらすべてが子どもにとっての脳トレになります。同時に、自分で考えたことだからこそ、結論に対して納得感が生まれるという心理的な効果も生まれます。あわせて、子どもの行動改善に効果を発揮するのです。

 子どもの成長を促すためには、親が言って聞かせるのではなく子どもに話をさせる。まずは、このことを覚えておいてくださいね。

まとめ

理性を司る2階の脳を育てるためには、2階の脳を使う経験を積ませることが重要。そのために、大人は自分が話すのではなく子どもに話をさせるようにしよう。

【続きを読む】「なんで勉強しないといけないの?」子どもに聞かれたときの“意外すぎる”理想の回答

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー