昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/04/09

木村家ビジネスの先行きは

「キムタクは『RAV4』や『カローラフィールダー』などトヨタのCMに1994年から20年以上出演する“トヨタの顔”でした。しかし2020年8月にライバルの日産自動車のブランドアンバサダーに就任して、矢沢永吉の後を継いで『やっちゃえNISSAN』のフレーズでCMに出演しています。2018年のカルロス・ゴーン元会長逮捕で地に落ちたイメージを回復させる頼みの綱として、日産が三顧の礼でキムタクを迎え入れたと言います。30代~40代の自動車を購入するコア層は、まさにキムタクの直撃世代ですからね」(広告代理店関係者)

「トヨタ+電通」から「日産+博報堂」という木村の移籍は、日本の広告業界全体を巻き込むような大移籍劇だったのだ。その陰にも、当然工藤の意向は働いているだろう。Kōki,の炎上でつまずいた形の“プロデューサー”工藤静香だが、その先行きは明るい。

「Kōki,自身はもらい事故ですから、これで価値が大きく下がるわけではありませんし、長女のCocomiのしごとも軌道に乗っています。昨年5月の『VOGUE JAPAN』でモデルデビューし、フルートの実力も本物で、オーケストラグループ『Japan Popular Classics Orchestra(JPCO)』にフルート奏者として参加しています。狙っていたサブカルチャー方面への進出も順調で、今年6月に公開される明石家さんまプロデュースのアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』での声優デビューも決まっています」(前出・スポーツ新聞芸能デスク)

明石家さんまがプロデュースする映画出演が決まっているCocomi 本人インスタグラムより

 夫、2人の娘、そして自分という4人のタレントをプロデュースする立場で、工藤の野望は広がるばかり。木村家の“ファミリービジネス”はまだまだ大きくなりそうだ。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー