昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《超高級交際クラブの実態》素人美女の肉体を搾取する“白スーツの男”集団と大物芸能人の“密着写真”

“パパ活感覚”は危険 超高級交際クラブの甘いワナ #2

 前稿では松岡茉優似の女子学生・A子さん(20代)の告白によって、高級交際クラブの危険すぎる実態が明らかになった。

 今年1月27日、A子さんは知人であるX子氏の誘いで、「一晩の“お手当”が100万円は下らない」という超高級交際クラブ「P」の面接に出向いた。A子さんを待っていたのは、50代くらいの“白スーツの男”倉科氏(仮名)と “大御所芸能人の愛人”を自称するY子氏、そしてX子氏の3人だった。そこで倉科氏は「君には最低でも30万円は貰える才能があるから僕らで面倒を見て、そのレベルまで持っていく」と豪語し、A子さんにある契約を持ちかけた。

 その契約とは、倉科氏らがA子さんを交際クラブに売り込んだり、「ハイレベルな女性」になれるよう指導をするかわりに、月額1万円の会員費と交際クラブから紹介された男性から得た“お手当”の30%を支払え、といったものだった。

 さらにA子さんは「講習」と称して倉科氏、X子氏と3人で性行為を受けさせられたという。だが、倉科氏らの手法を糾弾する別の女性によるTwitterの投稿を見たことから疑念を深め、倉科氏らに契約金の返金を要求し、「文春オンライン」に告発するに至った。(全4回の2回目。#1から読む)

◆ ◆ ◆

「大きなお金をもらうのに相応しいことを教わる講習」

 A子さんと同様に、倉科氏とトラブルになった女性はほかにもいる。学生のB子さん(20代)だ。B子さんはスラリとしたスタイルで、華やかな顔立ちが桐谷美玲に似ている。

 B子さんはTwitterで《業界トップ交際クラブで現在No.1》《月100のp2人最低でも月200以上安定してるし会うのも月1回~2回くらいだから本当に楽》と投稿している人物を見つけ、2月1日にDMを送った。それが倉科氏らと組んでいるX子氏だった。B子さんは自分で学費を払っていたため金銭的な余裕がなく、「1年前にも交際クラブに登録し、効率よく稼ぐためにパパ活をしていた」という。

X子氏が運用していたTwitterアカウント

 X子氏はすぐに返信してきたため、B子さんは2月5日に倉科氏による面接を受けることになった。倉科氏は白いスーツを着て、X子氏とY子氏を連れていたという。その後に倉科氏からビジネスホテルに呼び出され、「講習」を受けることになった。

 このビジネスホテルはA子さんが呼び出され、倉科氏、X子氏と“性的な講習”を受けさせられた場所と同じだ。面接から講習までの流れについても、A子さんの話と酷似している。

“講習”の際にはまずショッピングセンターを待ち合わせ場所に指定された

「“講習”が行われたのは2月11日です。内容についてX子さんから『大きなお金をもらうのに相応しいことを教わる講習です』と説明されていました。だから薄々、体の関係を持たされるのではないかとは思っていました。でも超高級交際クラブ『P』に登録するためだと思って、覚悟して向かったんです。ただ、私の講習のときにはX子さんはいませんでした」