昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/04/16

現在は空いた時間に投資の勉強も

――それだけの大金を手にするとなると、生活も変わったりしたんでしょうか?

広瀬 実は生活は本当に何も変わってないんです。というか、そもそも時間が全然ないんです。動画の撮影をして、編集して…というのを1人でやっているんで、そんなにお金を使う時間もないんですよ。一般のYouTuberの人みたいに「大金を使ってみた」みたいなコンテンツをやるわけでもないし。空いた時間は投資の勉強とかしているので、なんだかんだで週7日、ずっとやることがある感じですね。

 

――投資ですか…次から次へと新しいジャンルに挑戦していくバイタリティーはすごいです。

広瀬 正直、YouTubeもいつまで稼げるのかはわからないので、しっかり次の収入源を見つけておかないと思っています。ただ、月1回はご褒美として海外旅行に行っていました。最近はコロナでいけないので、たまに都内のちょっといいホテルに泊まったりしていますね。

――普通なら大金を手にしたら金銭感覚が変わってしまいそうです。

広瀬 そこは父の影響ですね。父には申し訳ないんですが、父はお金がないのに、パチンコでたまに勝つと「今日は焼肉だ!」ってすぐ使っちゃうタイプだったんですよ。それを反面教師にしているのかもしれません。

「みなさんに喜んでもらえるような動画を作れたら」

――ただ、広瀬さんはもう十分すぎるほどのお金を稼がれたんじゃないですか?

広瀬 いや、まだまだ全然です。最終的な目標は海外移住することなので、そのためにはもっと稼がないと(笑)。

 

――最後に今後の目標を教えてください。

広瀬 最終目標は海外移住なんですが、いまはYouTubeなどを通して、「視聴者の方がどうやったら喜んでくれるかな?」と考えるのが楽しいので、みなさんに喜んでもらえるような動画を一本でも多く作れたらなと思っています。

撮影=杉山ヒデキ/文藝春秋

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(32枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z