昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

松山英樹は世界トップとの「差」をどう克服したのか……“戦友”の元キャディーが語る「マスターズ制覇の理由」

「涙が止まりませんでした。本当に感無量です。『やってくれたな』と思いますし、自分の立てた目標を成し遂げるすごさを尊敬します。そして、そんな英樹と一緒に仕事をしていたことが誇りです」

マスターズで日本男子初のメジャータイトルを獲得した松山英樹 ©️AFLO

 電話の向こうで万感の思いを込めて語るのは、マスターズで日本男子初のメジャータイトルを獲得した松山英樹(29)の元キャディー、進藤大典氏(40)だ。

 2013年4月から2019年3月にかけて、松山のキャディーを務め、現在、ゴルフ解説者をしている進藤氏。松山と同じ明徳義塾高、東北福祉大出身で、松山のプロ転向に合わせて、サポートを始めた。この時点で松山はアマとして2回、マスターズに出場。初出場の2011年は、27位でローアマに輝いた。

現在はゴルフ解説者をしている進藤大典氏

 当時から面識のあった進藤氏は「あの時は素晴らしいプレーで、東日本大震災のあった中で送り出してくれた方々の期待に応えたと思います。ただ、後から聞いた話では、本人は世界トップレベルの選手たちとの差を感じていたようです。特にパワーの部分で」と振り返った。

日本人選手は「軽トラ」、外国人選手は「ジェット機」

 身長181センチで上背のある松山は、その差を必死に埋めにいった。「帰国してすぐに筋力トレーニングを始め、プロテインを飲むようになりました。食事の量も増やし、意識的に体重を増やしていました」(進藤氏)。そして、初出場時73キロだった体重を80キロ程度まで増やし、翌2012年に2回目のマスターズへ臨んだ。結果は最終日に崩れて54位。再び「パワーの差」を感じての帰国となった。

 その年のマスターズを制したのは、左打ちのバッバ・ワトソン(米国)だった。191センチ、82キロの体格から、ドライバー平均飛距離310ヤード以上を誇った。そんな選手が、居並ぶのが米(PGA)ツアーで、2000年代に同ツアーで3勝を飾った丸山茂樹は、よく取材陣の前で愚痴をこぼしていた。

「エンジン、排気量が全然違うんですよ。僕らは軽トラで必死に打って300ヤード。タイガー(・ウッズ)や(アーニー・)エルスたちは、ジェット機なんでマンぶりしなくても、300ヤード以上を飛ばしてしまう。この差はどうしようもないし、嫌になりますよ」