昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

東芝社長電撃辞任の裏に西麻布の密会? 巨大企業の内紛はいつまで続くのか

2021/04/14

 東芝の車谷暢昭社長が辞任した。東芝は14日、臨時取締役会を開き、車谷氏の辞任を受理した。東芝は7日に英投資ファンド、CVCキャピタル・パートナーズから買収提案を受けていることを明らかにしたが、車谷氏は東芝会長に就任する前、CVC日本法人の共同代表を務めており「利益相反」が指摘されていた。

「文春砲で炎上する前に逃げ出そう、という判断だろう」

車谷社長 ©️文藝春秋

起死回生を狙った車谷社長だったが…

 4月13日午後10時、テレビ東京が「東芝14日臨時取締役会車谷社長の進退協議」という独自ニュースを流すと、投資家の間でこんな憶測が駆け巡った。2時間後、NHKと日経電子版が「車谷社長が辞任」と速報を流した。

 投資家が言う「文春砲」とは、本日配信の週刊文春電子版に掲載された「東芝取締議長が辞任勧告 東芝社長に疑惑の西麻布密会」という記事。東芝に買収提案したCVCの日本法人に、かつてともに在籍していた車谷氏と東芝社外取締役の藤森義明氏が、西麻布の紹介制ワイン・バーでしばしば「密会」しており、ガバナンス(企業統治)に甘い車谷氏に対して東芝の取締役会が4月6日に取締役の辞任を勧告していたことを報じている。このバーにはCVC日本法人の現社長、赤池敦史も顔を見せており、3人が同席することもあったという。

 辞任を勧告したのは東芝の社外取締役で取締役会議長の永山治氏(中外製薬名誉会長)だが、車谷氏は勧告に応じず、次の日の朝、日経新聞の一面トップに「英ファンド 東芝に買収提案へ」の記事が出た。業界では「追い詰められた車谷氏が日経にリークした」という見方が専らだ。

 CVCに買収されれば東芝は上場廃止となり、この数年、車谷氏を責め立ててきたアクティビスト(物言う株主)を追い出せる。アクティビストを追い出せば経営の主導権を取り戻せる。車谷氏はCVCによる買収を「起死回生の一発」と考えたのかもしれないが、結果的には墓穴を掘る形になった。