昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

銀次殿がまさか1打席で登録抹消となるとは…ゆめゆめ思わなんだ

 そして3月27日の開幕第2戦目にようやく出番がやって参った。8回裏6-4と劣勢の場面。一死走者無し、捕手・下妻殿の代打としてバッターボックスに立つ。相手投手はファイターズ・宮西殿であった。MyHEROのシーズン初打席に心躍らずにはいられない。期待が高まる中で中継を観るわし。初球見逃しからの2球目内角の球を振りにいくもボテボテの投手ゴロ。その後イーグルスも敗戦致し、些か気分の上がらない中で

「いや、まだまだこれから。シーズン先は長いからのう」と明日の試合展望などを考えながら床に就く。翌日、信じられない報せが入る。

 1打席でまさかの……

「楽天・銀次 出場選手登録を抹消」

 原因は右手首痛。過去に腰や足の怪我が御座ったが、比較的強健な身体の持ち主と存ずる。その銀次殿がまさか1打席で登録抹消となるとは……ゆめゆめ思わなんだ。

 誰もが驚く登録抹消となった後、銀次殿に関する続報がなかなか入って来ず、悶々としておった。しかし先日、今江敏晃2軍打撃コーチのインスタグラムに藤田一也殿とともに調整を行っている様子がアップされておった。そこには笑顔でカメラに顔を向けている銀次殿が!!

「良かった……ほんに良かった」

 元気に調整をしているという事がわかり安堵致した。

 昨今の状況下で選手の状態を知る事は難儀な事と存ずるが……ファンが知りたい情報をアップしてくれた今江殿にはただただ感謝。銀次殿、これより先2軍での実戦に臨み、1軍合流となろう。首脳陣も合流を待ち望んでいるはずじゃ。

 東日本大震災から10年の節目の今年。東北・岩手県出身選手として数多の人の想いも背負っておる。田中将大殿も帰ってきて、優勝への機運が高まる楽天イーグルス。

 リーグ優勝&日本一を掴むべく戦う犬鷲戦士たちの士気を高め、打撃力向上に大きく貢献してくれるであろう漢、銀次殿。わしはお主が帰って来る日をただひたすらに待つ。

 2013年の日本一を知る球団生え抜き最年長33歳の16年目シーズンはまだ始まっていない。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/45154 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー