昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/05/05

ブタの悲鳴を聞くと、近所の子どもも加勢にくる

 生け贄のニワトリをつぶすのは、儀礼を取り仕切る長老であることが多い(写真)。生き血が儀礼で使われるときは、山刀でのどもとを切る。そうでないときはタンパク源である血が流出するのを嫌って、頸をひねる。そして羽をむしってから表皮をたき火で焼き焦がし、残った毛くずは竹ベラでこそげとる。頸を落とし生き血を椀に取ったあと、腹を裂いて内臓を取り出し、腸管内の残滓(ざんし)は捨てる。それから大鍋で沸かした湯の中に頭、頸以下、内臓の大半、生き血を入れ、これに青菜、トウガラシ、ニンニク、レモングラス、ナムプラー、食塩、ペースト状にした肝を加えて煮る。

祭祀儀礼用の祭壇に吊るされた2羽のニワトリ

 他方、生け贄のブタをつぶす役目は、体力のある若い男たちだ。太い立ち木の根元に荒縄でブタをつなぎ、その額めがけて木の棍棒を振り下ろす。体重二〇〇キロの大物だとこと切れるまでに一〇分はかかる。ブタの悲鳴を聞くと、近所の子どもも加勢にくる。瀕死のブタの喉元を足で踏んで、とどめを刺しにかかる少年もいる。息絶えたブタには熱湯をかけ山刀の背で表皮をむいてから、手頃な大きさに切り分ける。一部の肉は、血と和えてミンチにされ、フレーク状の乾燥トウガラシをまぶしてから生食される。

ピックアップの荷台に載せられた、小ぶりのブタ

 ブタは正月や婚礼などの大がかりな儀礼で用いられるのに対し、ニワトリは規模の大小を問わず様々な儀礼で使われる。

 たとえば焼畑での儀礼では、調理されたニワトリの一部が、作業小屋内の吊り棚に供えられ、残りは村びとの食膳に上がる。精霊と村びとによる「共食(きょうしょく)」だ。長老は語る。「共食のとき、子どもは自然との一体感を強く意識する。そんな子どもは大人になっても自然を大事にし、またそれを次の世代へ引きついでくれるだろう」。

焼畑の中ほどに立つ作業小屋内の吊り棚。酒ビンが供えてある

【続きを読む】《失恋を苦にして2人の友人が亡くなった》北タイには「集落が承認しない結婚は不可」という山村がある

北タイ・冒険の谷

富田育磨 ,久保谷智子

めこん

2021年4月23日 発売

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー