昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“どこにでもいる選手”から契約金約2億円へ…6年半見続けた在米スポーツライターが語る「NBA・渡邊雄太の何がスゴい? 」

2021/05/07

 4月24日、ニューヨークのマディソン・スクウェア・ガーデンのコートには、ニックス戦に向けて準備するトロント・ラプターズの渡邊雄太の姿があった。ニックスのヘッドコーチ補佐を務める吉本泰輔さんとサイドラインでしばらく言葉を交わすその様子からは、数ヶ月前と違う自信と余裕が確実に感じられた。

 アメリカ東部時間4月19日。ラプターズが渡邊と本契約を結んだことを発表した。

 NBAの各チームは、最大で15人の選手と本契約を結ぶことができる。渡邊がこれまで結んでいた2ウェイ契約は、そこからさらに若手選手を対象に各チーム最大2人まで結ぶことが可能な契約で、試合数の制限などの条件付きでNBAでの試合出場も可能になる契約形態のこと。今回の本契約で、いよいよ正真正銘のNBAプレイヤーとなったのである。

本契約を獲得し、まさに「正真正銘のNBAプレーヤー」になった渡邊雄太 ©️AFLO

紙一重のサバイバルレース

 振り返れば今シーズン、序盤から活躍を続けたものの、八村塁との対決が注目された2月10日のワシントン・ウィザーズ戦を左足首捻挫で欠場して離脱すると、以降はプレータイムが激減。オフェンス面で壁にぶつかった感もあった。

 しかし、4月に入って再び出場のチャンスを掴むと、1週間弱の間に自己最多の得点を2度も更新するなど、上昇気流に乗っていつの間にか主力の役割を果たすようになった。

「この世界で生き残っていくのに、才能も含めて実力、努力、それから運も僕は大事だと思っています。1月に掴みかけていたチャンスを逃してしまい、なかなか2度目って来ないと思うんですけど、本当にありがたいことにもう一度、3月の終わりから4月にかけてチャンスをいただきました」

 ラプターズと本契約を結んだ翌日、リモート会見で渡邊はそう振り返っていた。実際にこの時期のラプターズは、故障者とリーグが定めた新型コロナウイルスのプロトコルによって欠場者が多かった。もしもフルメンバーに近い状態であったなら……。振り返っていくと、NBAでのサバイバルレースは本当に紙一重だという現実が改めて見えてくる。

 ただし、もちろん渡邊がこの過酷なレースを切り抜けることができたのは運ばかりが理由ではない。本来はジャーナリストとして中立でなければいけないはずの筆者だが、彼の姿を長く見てきただけに、今回はそれを明らかにしていこう。