昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

クレイジーな日本語「負け犬の遠吠え」英語で言えますか?

source : 提携メディア

genre : ニュース

クレイジーな日本語「負け犬の遠吠え」英語で言えますか?

 

日本語にはクレイジーな表現がいっぱい!?

日本語には外国人が驚くような表現がたくさんあります。その不可解な面白さを外国の方にも伝えてみたい!

そんなあなたにお届けする「驚きながら学ぶ!クレイジー日本語講座」
"Mind blowing tips! CRAZY JAPANESE LESSONS."

日本語独特の表現を、楽しみながら覚えていきましょう。

「負け犬の遠吠え」を英語で言うにはコレ!

ぺるり: また、動物から日本語にクレームが来てますよ。
Hey, we received yet another complaint from an animal.

土屋: え! 今度は誰から?
What? Who is it this time?

ペるり: 犬からです。犬を使ってひどい表現してるって!
Dogs. They say we have an awful dog idiom!

 

土屋: 日本語には「犬」が入った慣用句もたくさんありますからね。
Well, we do have many dog idioms in Japanese.

で、どの言葉にクレームがきてるんですか?
Which one are they complaining about?

ペるり: はい、こちらです!
This one!

 

「負け犬の遠吠え」
The howl of a dog that lost

土屋: 臆病で弱い人が陰でこそこそ威張ったり、他人の悪口を言ったりすることを言うんだよね。
That’s when a coward acts and talks big behind someone’s back.

ペるり: 「負け犬の遠吠え」はあるのに「勝ち犬の雄叫び」って言葉はないの?
Do we have the phrase "the roar of a dog that won" since we have "the howl of a dog that lost" ?

土屋: ありません!
No!

ペるり: そりゃーひでーなー!
That’s terrible.

土屋: そりゃ犬からクレーム来るわけですよね!
No wonder we’re getting a complaint from dogs!

説得力を高めるにはこの一言!

弱い犬は、強そうな犬や人間に対しては、遠くからびくびく怯えながら吠えます。
Timid dogs tend to bark at dogs and humans from a distance because they are afraid.

そんな犬の様子にたとえたのかもしれませんね。
It’s said that may be where the phrase came from.

それでは、次回もお楽しみに!
See you at the next Lesson!

(連載「クレイジー日本語講座」第10回 / 毎週土曜更新)

 

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー