昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

1位「8時だョ!全員集合」(TBS系・1969~1985)

 1位はテレビ史上に残るお化け番組「8時だョ!全員集合」です。最高視聴率は50.5%(1973年4月7日放送)。加藤茶による「ちょっとだけよ」「うんこちんちん」などの大ヒットギャグも生まれましたが、メンバーの荒井注の脱退で一時は人気が停滞した時期も。

 その後、新メンバー・志村けんによる「東村山音頭」が爆発的にヒットし、ドリフ健在をアピールしました。オープニングコントの舞台狭しと建てられた大セットがオチと共に一気に崩壊する場面も人気。2020年に志村けんが亡くなり、追悼番組が放送され、新しいファンも獲得したようです。

1位「8時だよ、全員集合」の収録風景。左からいかりや長介、加藤茶、仲本工事、高木ブー、志村けん(神奈川・小田原市民会館、1981年撮影) ©時事通信社

「毎回コントが面白くて、当時ファンだった天地真理、南沙織などのアイドル歌手が出てたので欠かさず見てましたね~(笑)」(61・男性)

「毎週土曜日の夜8時が来るのが、待ち遠しかった最高の番組でした。子供達と最初から最後まで大笑いさせてもらいました。良い思い出でした」(71・男性)

「『笑いすぎて、おなかが痛くなる』ということを初めて経験した。オープニングでメンバーが会場から走りこむ時の観客との一体感。一度生で見たいと思ったものです。『全員集合』のDVDセットが出た時、中学生だった息子に買い与えると、笑い転げて『ずるいぞ! こんな面白いもん、毎週見てたんか』。本当に幸せな子供時代を過ごせました」(62・女性)

「コロナで亡くなられた志村さんに敬意を込めて。生放送だったのが今思うと凄いです。停電の中でも放送しちゃうのは、今だったらどうなっちゃうのか……」(32・女性)

「エンディングのカトちゃんの『また来週!』と言った後のほっとした表情が印象に残っています。ジュリーをはじめ、ゲストのコメディが観られるのも楽しみでした」(59・女性)

「お笑いとしても面白かったが、ヒゲダンスの選曲など音楽もよかった。毎週の生放送で大道具さん大変だっただろうな、と大人になって思う」(49・女性)

「幼稚園の時に志村けんさんのファンになった、人生で最初にファンになったと自覚したタレントさんでした」(44・女性)

「就職で上京して間もない頃、参観応募ハガキをたくさん出して何度か当選してサンケイホールへ見に行きました。生中継と言うのがやはり良かったですね。前説も面白かった記憶があります」(70・男性)

「昭和44年の番組開始当初から見ていた。今でもザ・ドリフターズは、日本のコミックバンドの中ではナンバーワンだと思っている」(59・女性)

 

構成/矢野維之

〈自分史上最高のバラエティ番組「30位からのランキング」を見る〉

この記事の写真(13枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z