昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ニュース, 社会

同じことしか言わないから帰ってしまった保護者がいる

 でも、結局は変なことを言えないから、「コメントは差し控えて」って言ってますけど、みんな、今来て、立っている保護者の方は、誰も納得してない。だって、同じことしか言ってないもん。

 上の子たちも高校生です。「え? Y中学校出身だよね? どうなの? あの時、学校にいたんでしょ」って聞かれてます。どこに行っても「Y中出身だって言うのが恥ずかしい」って言ってます。今、在学中の生徒ばっかりじゃなくって、本当に卒業生も本当に迷惑しています。学校側の対応に。

 私も、Y中学校出身なんです。旭川のほうでY中学がこういうことになっちゃって恥ずかしい。私のときもイジメとかありましたけども、スゴく担任の先生がもっとシビアに動いていました。正直、今、先生方は、「こうします。ああします」って聞きますけど、そういう風に対応しているように見えない。そんなんでみんなが納得するわけないじゃない。もう同じことしか言わないから帰られたお父さん方、お母さん方、いると思いますけど。もうちょっと伝わるような言い方を。もう時間がダラダラしてもしょうがないので。学校側がちゃんと伝わるような説明を最後していただきたいなと思います。

校長 今、本当にいただきましたけれども、イジメは絶対に許されないっていうこと。そして、早期発見、早期解決に努めること。「イジメられている」と相談のあった保護者にもしっかりと寄り添って、今後、対応して参ります。ありがとうございます。

保護者会が行われたY中学校の体育館  ©文藝春秋

教頭は「私自身は、法に反する行動はしていない」

司会 他にありますか?

保護者S すみません。今日、校長先生しか発言しちゃいけないんでしょうか?

校長 いや、あの、代表してやらせていただいております。

保護者S でも、保護者も、みんなそれぞれ話していますよね。

校長 はい。

保護者S で、あれば、他の意見も聞きたいんですけれども。それこそ、先ほども教頭先生に声かけられましたし。その時の担任の先生にも声をかけられましたし。発言はいただけないんでしょうか?

校長 それは可能です。

保護者S お願いします。

教頭 私のほうからお話しできることは、えー、第三者委員会の、何回も繰り返しになりますが、ここでは私が言うことは全てお控えさせていただきたいと思います。一つだけ、今回の報道等に関することは、個別の案件に関わることがありますので、お話しすることができませんが、私自身は、法に反する行動はしていない、ということだけはお伝えさせていただきたいと思います。この後、捜査のことは、何ができるかわかりませんけども、しっかりと対応していきたいと思っております。私からは以上です。現段階ではお話しできるのはこれだけです。