昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ドッキリ番組の隠し撮りに男性タレントの自宅へ上がり込む姿が…」 “さやみるきー”渡辺美優紀と山本彩 NMB48「両エース」の明暗はなぜ分かれたのか?

 元「NMB48」の“みるきー”こと、渡辺美優紀が、ダンス&ボーカルグループ「Da-iCE」のボーカル・花村想太と同棲交際していることを「文春オンライン」(5月15日付)が報じた。

 渡辺と言えばNMB48時代、握手会でファンを虜にする魅力的な“釣り師”と呼ばれ、グループを代表する人気メンバーだった。特に人気を二分していた山本彩とのコンビは「さやみるきー」の愛称でファンから親しまれた。かつて2人が所属していた「KYORAKU吉本.ホールディングス」の元関係者が明かす。

「山本と渡辺の人気はNMB48でも頭一つ抜けていて、AKB48グループ全体でも選抜メンバーの常連だった。セットで売り出される場面が多く、写真集を同時発売させて売り上げを競わされたこともある。バッチバチのライバル関係でした」

渡辺美優紀(左)と山本彩(右)©️時事通信社/©️getty

ソロ活動が順調な山本と、マイナー感漂う渡辺

 NMB48卒業後、山本はシンガーソングライターとしてソロ活動を続けている。今年2月リリースの5thシングル「ドラマチックに乾杯」は、ドラマ「その女、ジルバ」(東海テレビ・フジテレビ系)の主題歌として使われ話題となった。「CDTVライブ!ライブ!」(TBS系)等の音楽番組にも単独で出演しており、至って順調そのものだ。

CM出演権を賭けて行ったファースト写真集の売り上げ対決は渡辺に軍配だったが…

 一方の渡辺は、NMB48卒業後約2年間は表舞台に出なかったが、2018年7月に事務所「roundcell」で芸能活動を再開。ソロライブを開催したり、ガールズユニット「Ange et Folletta」を自らプロデュースしたりと活動している。ただ、今年4月末で「roundcell」を退社。本人は否定したが、引退説や結婚説も浮上していた。ワイドショーデスクが解説する。

「渡辺にも根強いファンは残っているのですが、音楽のメジャーシーンで活躍している山本と比べるとどうしてもマイナー感は拭えません。プロデュースするガールズユニットはいまだ無名のままですし、おそらく今後はプライベートを優先させていくのでしょう」