昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「前職はウェディング。給料は手取り13、14万まで落ちて」…コロナ禍で働く風俗嬢の「本音」

 長引くコロナ禍はあらゆる経済活動に影響を与えている。中でも深刻なのはもともと収入が低い若い世代だが、追い込まれた若い女性の中にはパパ活や風俗の仕事に流れるケースも少なくないという。濃厚接触が必須の風俗は感染リスクが高いことは分かり切っている。それでも働き続けざるを得ない現役風俗嬢の話を聞いてみた。

写真はイメージ ©️iStock.com

◆◆◆

正社員から派遣、そして風俗へ

 今年2月から風俗の世界で働き始めたという斎藤優香さん(仮名)。年齢は25歳で、服装の雰囲気や話し方も、ごく平凡だ。この仕事を始める以前は正社員としてホテル業界やウェディング業界などで5年ほど働いていたが、昨年末に退職。1カ月ほど派遣の仕事をしたものの生活が立ち行かず、風俗の世界に飛び込んだという。

「コロナ禍が始まった頃はまだウェディング業界の会社で働いてました。仕事はそれなりに充実していたんですけど、1回目の緊急事態宣言の頃から目に見えてお客さんが減ってしまって。仕方ないとは思いますけど、予約の延期やキャンセルが続いて会社の売り上げもどんどん落ちていった。コロナ禍が始まる前の給料はだいたい月20万円くらいは貰っていたんですけど、少しずつ減給されて、夏のボーナスもカットになり、辞める頃には手取りが13~14万円くらいになっていました」

 生活が苦しくなり、かといって我慢して働き続けても事態が好転する気配は無かった。このままでは厳しいと感じ、転職に踏み切った。

「会社の上司から『影響はこの先もまだまだ続くよ』と言われたのが退社を決める決定打でした。挙式を延期していたお客さんを担当していたので、最後まで見届けたタイミングで会社を辞めました。

写真はイメージ ©️iStock.com

 貯金もなかったし、すぐに働く必要があったので、とりあえず派遣の仕事を始めたんですが、そこも厳しかったですね。登録制の派遣会社でしたが、申し込んでもなかなか仕事が回ってこないんです。私と同じように収入が厳しくなって派遣に登録する若い人が増えていたみたい。

 もちろん仕事が全く無かったわけではないけど、仕事が取れる週と取れない週の差が激しくて。コンスタントに働ける仕事がないと、やっぱり不安じゃないですか。それで仕方なく、ちょっと風俗をやってみようかな、と」

月収は平均して30万円弱

 学生だった二十歳の頃にガールズバーで水商売のバイトをしたことはあったが、風俗業界で働いた経験はなし。そんな彼女が選んだ職種は意外にもピンサロだった。

「お店は有名な風俗求人サイトを見て決めました。何をやるかぐらいはもちろん知ってましたよ。ソープとかデリとかも考えたけど、いきなり本番やハードなサービスをやるのはちょっと怖かったし、手軽にじゃないですけど、そこまでハードではないピンサロから始めることにしました」