昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ひとつだけ描かないと決めていることがあって…」3児のママ漫画家が“普通の家族”を描いて40万人から支持される理由とは?

2021/06/05

 仕事に子育てに日々忙しく暮らすパパとママ、そして賑やかな3人の子どもたち。そんな家族が織りなす毎日のエピソードを綴ったウェブ漫画『ご成長ありがとうございます~三本家ダイアリー~』(三本阪奈/新潮社)が話題です。女優の永野芽郁さんをはじめ、著名人のファンも多く、インスタグラムのフォロワーは実に40万人を誇ります。

 特筆すべきはその内容。とかく「刺激的」「非日常」がウケがちなSNS発の漫画において、作中で展開されるのは何気ない子どもたちの振る舞いや、日常に潜む可笑しさです。では、なぜそんな「普通の家族」のお話がこれほど多くの人の心をつかんだのでしょうか? 作者の三本さんに聞きました。

©️三本阪奈/新潮社

◆ ◆ ◆

最初は「日々の記録」として始めた漫画

――『ご成長ありがとうございます~三本家ダイアリー~』では3人のお子さんの成長を軸に、日々の面白エピソードを描いていると思います。最初に家族の話を漫画で表現しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

三本 もともと漫画を描き始めた時は、そんなにたくさんの方に読んで頂けるなんて思ってもいなくて…。ノートに描いた漫画を家族が読んで喜んでくれたので、それを離れている親戚も見られるようにSNSを始めたという、気軽な気持ちだったんです。ただ、意外にもすぐにいろんな方に見て頂けるようになったので、意識的に「面白いエピソードを探そう」という方向性に段々シフトしていきました。

――なるほど、最初はあくまで日々の記録だったんですね。特にSNS発信の作品だと、「刺激的」「非日常」「知らない世界」といったテーマを扱ったものが人気を博す傾向がある気がします。そういった中で、ご両親と3人の子どもたちを描いた、ある意味で「普通」の家庭の話が、なぜ多くの人から支持されたと思いますか?

三本 それは…すごく難しい質問ですね(笑)。多分、自分では「普通」と思って描いていないんですよね。確かに作品の背景になっているのは普通の家族ですし、ひとつひとつのエピソードはすごく珍しいシチュエーションというわけではない。でも、そんな中でも子どもや旦那がどこかおかしな言動をしている。その瞬間を切り取るように意識しています。特に3人の子どもたちのキャラクターにはとても助けられていて、それが読者の方にも楽しんで頂けているんじゃないでしょうか。