昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ユニクロ・GU・無印良品を徹底比較! 「夏向けインナー」6点を着比べてみた

2021/06/11

source : 提携メディア

genre : ライフ

ユニクロ・GU・無印良品を徹底比較! 「夏向けインナー」6点を着比べてみた

ユニクロ、GU、無印良品のシンプルデザイン&カップつきインナーを比較

ユニクロ、GU、無印良品の機能性インナー。

 強い日差しが照りつける日が増え、夏の気配をすぐそこに感じることも増えてきた今日この頃。夏はおしゃれが楽しい季節ですが、そこにはインナーの問題がつきまといますよね。背中が開いていたり透け感のあるデザインだったりすると、それに合わせてインナーを選ぶ必要が出てきます。

 そんな夏に向けて、現在、大手アパレルブランドの店頭では機能性の高いインナーが豊富に展開中です。

 今回は「ユニクロ」、「GU」、「無印良品」の3ブランドの機能性インナーを「シンプルインナー」と「カップつきインナー」の2部門に分けてご紹介。ご自身にぴったりのインナーを探してみてください!

【シンプルインナー】究極のシンプルさ&アウターに響きにくいシームレスさ!

◆ユニクロ「エアリズムタンクトップ(シームレス)」(990円)

ユニクロ「エアリズムタンクトップ(シームレス)」(990円)。

 2010年に夏向けの機能性インナーウェア「サラファイン」と「シルキードライ」を発表して以来、夏のインナーを語るうえで欠かせない存在となっているユニクロ。

 繊維を極細化して、通気・急乾性と肌触りを高めた同社の「エアリズム」シリーズから、今年もいくつもの商品がラインナップされています。

 そんななかでピックアップしたのは、「エアリズムタンクトップ(シームレス)」(990円)。襟元に縫い目がない仕様になっているので、薄手のTシャツなどの下に着ても響きにくいのが特長です。

 今回、筆者は普段着ている洋服と同じMサイズを選んで着てみました。が、肌にピッタリ張り付くくらいのサイズ感だったので、少しゆとりを持って着たい方は普段より1サイズ上を購入するのがいいかもしれません。

 肌触りはつるつる&サラサラで、速乾性も高いようです。試しに霧吹きで濡らしてみたのですが、15分も着ていると先ほどまで濡れていたのが嘘のように元の肌触りに戻っていました。

 さすがは元祖・夏向け機能性インナー。究極のシンプルさと快適な着心地が両立していました。