昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/06/11

source : 提携メディア

genre : ライフ

 総評すると、普段通りブラジャーをつけているような安心感があるので、これまでカップつきインナーを1枚で着るのに抵抗があった方にも自信を持っておすすめできます。それに加えて、アウターを選ばないシンプルな設計になっているので、これ1枚でカバーできる範囲がかなり広いはず。持っていて損することはまずないでしょう。

【カップつきインナー】見せても隠してもOKなスクエアネック&リブつきデザイン

◆GU「ブラフィールスクエアタンクトップ」(990円)

GU「ブラフィールスクエアタンクトップ」(990円)。

 GUにはデザイン性の高いインナーが数多く取り揃えられています。そのなかでも「ブラフィールスクエアタンクトップ」はデザイン性が高いだけでなく、1枚で着られる上にカップつきという、高い機能性も兼ね備えたハイブリッドな商品です。

 スクエア形に開いた首元はデコルテを綺麗に見せてくれますし、リブ入りで縦のラインが強調されていることから着やせ効果もありそう。トップスの前を開けて見せるように着られるのも嬉しいところですね。

 肝心の着心地はというと、こちらもユニクロ「エアリズムブラタンクトップ」と同様にアンダーのゴムがしっかりとしているので、バスト全体がホールドされている感覚があります。1枚でも堂々と着られそう。

 脇流れ防止のパワーネットやカップがバストの形を整えてくれることを踏まえても、同商品は下着というよりファッションアイテムのひとつとして開発された印象を覚えました。デザイン性も機能性も譲れないという欲張りな方には、これしかないはず。

【カップつきインナー】締め付けのないナチュラルな着心地で、つけている感ゼロ!

◆無印良品「シルク入りカップ入りタンクトップ」(1,290円)

無印良品「シルク入りカップ入りタンクトップ」(1,290円)。

 最後に紹介するのは、無印良品のカップつきインナー「シルク入りカップ入りタンクトップ 」。こちらは先にご紹介した無印良品の「さらっとインナー」とは別の「シルク入りインナー」というラインから出ている商品です。

z