昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集女芸人の今

2021/06/20

収録では毎回「今日死んでもいい」

——求められる「毒」を吐けなかった。

青木 そうですね。本当はそのままの自分でいいんですよね。でも私は自分のままではいけなかった。勝手に要求に応えてきちゃったという感じもあるので。母の影響もあるんでしょうし、あとは想像力の欠如ですね。「普通考えるでしょ?」ってことが、ぶつかってみなきゃ分からない人間だったので。

——青木さんが麻雀をするシーンもすごい好きなんです。青木さんは普通だったら捨てないような牌を捨てちゃう。そこでも自己破滅的というか。でもすごくわかる部分もあるんです。「だって普通に戦っていたら勝てないよ」みたいな感覚は私も若い時思ってました。

青木 そうですね。そういう意味では、いつもテレビに出ていく時、袖で「今日死んでもいい」と思って出ていってましたね。「今日で最後だ」って思いながら出ていっていた気がします。ブレイクしたのも、その力強さが伝わったんでしょうね(笑)。

 

——すごい芸人さんですよね、その考え方って。

青木 そうですよね。ただ、それだと続かないですよね。

【続きを読む】容姿いじりには「感謝しながら傷ついていた」…青木さやか(48)が語る、00年代の女芸人の“難しさ”

写真=榎本麻美/文藝春秋

母 (単行本)

青木 さやか

中央公論新社

2021年5月7日 発売

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(17枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z