昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「負くっか魂」が呼び込んだ逆転V

 試合は同点のまま延長戦に突入。巨人・藤田元司監督は、志願して続投した江川を10回途中で諦め、角にスイッチ。中日はその角を攻め立て、2死一・二塁とサヨナラのチャンスを作った。大島さんは言う。

「あのときベンチの中で、座ってた選手は誰一人いなかったですね。全員が立って、この一戦に賭けていたんです」

 ここで、9回に四番・谷沢の代走で途中出場した尾上旭に打順が回った。次打者の大島さんは、打席に向かう尾上に、こう告げた。

「とにかくオレまで回せ! オレまで回したら、なんとかなるから!」

 チームメイトにそんなことを言ったのは初めてだったが、つい口を突いて出てしまったそうだ。その気迫が乗り移ったのか、尾上は粘って四球を選び、二死満塁で大島さんに打席が回ってきた。逆転Vのためには引き分けでは意味がない。「絶対に、打って決めてやる!」……そう心に誓った大島さんは、角の2球目をセンター前へ弾き返しサヨナラ勝ち。歓喜の中、マジック12が点灯した。

 こうして振り返ると、終盤の3打席ですべて打点を挙げた大島さんの「負くっか魂」がチームを一つにし、シーズン最終戦での逆転Vを呼び込んだと言っても過言ではない。

「奇跡を起こそうったって、なかなか起きるもんじゃないですけど、やっぱり勝利への執念ですかね。『もうダメだ』と思ったらやっぱり、行けてなかったんじゃないですか。ベンチに入ってる全員がダメだと思わなかったからこそ、奇跡が生まれたんだと思います」

 今季前半戦、Aクラス3チームには大きく引き離されてしまったが、まだまだシーズンは終わっていない。相手が江川だろうと、5点差だろうと、諦めず食らい付いていった大島さんが、自分の人生を「生ききった」ように、後半戦はシーズンを「精一杯戦いきった」と胸を張って言えるような戦いを見せてほしいと、切に思う。

 大島さんのご冥福を祈ります。素晴らしい戦いを見せてくれて、ありがとうございました。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2021」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/46167 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(1枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

中日ドラゴンズの記事一覧