文春オンライン
「YouTubeを見て『AV女優だったと知った』という友達も…」 元トップ女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

「YouTubeを見て『AV女優だったと知った』という友達も…」 元トップ女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

上原亜衣さんインタビュー#1

2021/06/19

それでも動画配信を続けられている理由は…?

――YouTubeの規制も人によって変わるんですね。

上原 そうなんですよ。逆に言うと、そこに明確な基準がないんです。「今回のこの部分がダメでした」というのがわかれば、「じゃあ次回はこうしよう」とか修正ができるんです。でも、「似たようなコンテンツだけど、他の人はOKで私だとダメ」ということになると、試行錯誤していくしかないんです。

 

 そういう規制の状況もあって、一時期は女性向けの美容動画とかを多く上げていたんです。私も女性なので、女性向けの企画は思いつきやすいんです。ただ、やっぱり私のチャンネルを見てくれるファンは男性の方が多いので、再生数にうまくつながらなかった。なので、今は美容動画とかの女性向け動画はサブチャンネルを作って、そっちに多くあげるようにしています。メインチャンネルは男性視聴者さんの求めるものに応えつつ、広告がつく動画にしなくてはいけない。そこには「これをやれば伸びる」という正解がないので、安泰とは程遠い状態です。

ADVERTISEMENT

――正解がないなかで、チャンネル運営を続けていくのは、とても大変なことかと思います。途中で投げ出してしまおうと思うこともあったのでは?

上原 私の場合は1人で撮影から編集まで全部やっていたら、絶対に途中で挫折していたと思います。でも、チームでやっているので、みんなで励ましあえるんですよね。あと、他のYouTuberさんとコラボもしているので、仲良くなった方に相談にのってもらったり。

 みなさんおっしゃるのは「どんなYouTuberも波があるから」ということです。「伸び悩む時期を乗り越えると、また上がってくる時期に入るから大丈夫」って。その壁で辞めちゃう人が多いから、トップYouTuberってそんなに数が多くないらしいんです。そういう話を聞くと、「またがんばろう」と思えましたね。

「新しいことにつなげていかなきゃなと思っています」

――コラボされているYouTuberさんは、どんな方がいらっしゃるんでしょうか。

 

上原 本当にたくさんの方とコラボしてもらっているんですが、ピアノの演奏をしている鈴木ゆゆうたさんとのコラボが一番、評判良かったです。元々、「ゆゆうたさんとコラボしてほしい」っていう視聴者さんが多かったんですよ。なので、私からお願いして、コラボしてもらったんですけど、すごいウケがよかったんですよね。ゆゆうたさんは、小学生、中学生くらいの視聴者さんが多いらしいので、特に視聴者層が被っているわけではないんですけどね。

――まだまだ試行錯誤の日々とのことでしたが、YouTuberとして今後やっていきたいことは何かありますか?

上原 やっぱりYouTubeだけだと、広告がつかなかったり、収入が不安定になってしまうので、YouTubeから新しいことにつなげていかなきゃなと思っています。YouTuberさんってアパレルをやったりしてる方って多いじゃないですか。だから、私もYouTubeにとどまらず新しいことに挑戦し続けなきゃなって思っています。

#2につづく)

撮影=杉山ヒデキ/文藝春秋

その他の写真はこちらよりぜひご覧ください。

「YouTubeを見て『AV女優だったと知った』という友達も…」 元トップ女優・上原亜衣が語る“身バレの現実”と“動画戦略”

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事