昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集クイズです

クイズ王たちのサークル「ホノルルクラブ」の秘密 “女王”石野まゆみインタビュー#2 

「ブームを作ったのは『当たってくだけろ!』だと思います」

歴代クイズ王が集うサークル「ホノルルクラブ」の秘密

――現在もクイズ活動を続けてらっしゃいますけど、クイズ王が集う「ホノルルクラブ」というサークルに所属されていますよね? 能勢一幸さんが「ホノルルクラブ」については、石野さんがお詳しいとおっしゃっていましたが。

石野 発足が1972年、設立45年になるサークルです。私が入会したのは20数年前なんですが、テレビのクイズ番組がなくなり、顔を出していた別のサークルも活動がなくなったりして、さぁどうしようというところで、知人の伝手で紹介してもらい、お世話になることになりました。

写真提供:石野まゆみさん

――会長さんはどんな方なんですか。

石野 村田栄子さんという、もうすぐ87歳になられる超ベテランの女性です。『タイムショック』でパーフェクトをとられたこともある方です。昭和5年のお生まれで、歩く昭和史みたいな方です。月に1回の「ホノルルクラブ」例会は、あまりクイズを真剣にやる感じでもないんですが、クイズの合間合間に村田さんが話してくださる昔話が面白いんです。「同じ町内会にいた太宰治は、よく町会費を滞納した」とか、「子どもの頃に住んでいた北海道で、東条英機に頭をなでられた」とか(笑)。

――石野さんは今でも現役ですが、クイズを続けてきてよかったと思うことはありますか。

石野 やっぱり他の人ではできない非日常的なことをさせていただけたこと。それから『当たってくだけろ!』が終わった20代後半頃って毎週のように合コンに行ってたんですけど、周りの人が「この人、クイズ女王なんだよ」って話を振ってくれるので、目立っていたような気がします(笑)。

――最近はテレビへのご出演がないようですが。

石野 ちょっと出にくいんですよ、今。もう6年ぐらい前になるかな。TBSさんのとある番組で準優勝したときに、いまだにチャラチャラあそんでいるのかと、会社に苦情がきたんですって。別に私がおとがめを受けたわけではないですが、表に出る気持ちがちょっと萎えちゃったというのがありますね。

――もし、今クイズ番組に出るとしたら何に出たいですか。

石野 『東大王』出たいです。出たい、出たい。とっても出たいです(笑)。

 

取材・構成=皆川秀
写真=榎本麻美/文藝春秋

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー