昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

現代アートチーム・目 [mé] が東京上空で挑む 夢を「まさゆめ」にするプロジェクト

アート・ジャーナル

2021/07/03

 日時ははっきりとわからない。けれどこの夏、東京で何かが起こるのは、たしからしい。

 スポーツの祭典のことじゃない。じゃあほかにいったい何が起こるのか? 

 巨大な「顔」が出現するのだ。

 ある日あるとき、実在する誰かの顔が大きくなって、東京のどこかの空に浮かぶという。

 現代アートチーム目[mé]の手がける新しいプロジェクト、《まさゆめ》である。

 

視覚を直撃する体験を実現せん

 目[mé]はアーティスト荒神明香、ディレクター南川憲二、インストーラー増井宏文を中心に活動するチーム。

 その名の通り「目」すなわち視覚を直撃する体験を実現せんと、いつもあれこれ企んでいる。

左から増井宏文、荒神明香、南川憲二。 撮影:北沢美樹 撮影:北沢美樹

 これまで無数に発表をしてきた作品は、たとえばこんなものだった。

 かたちも色合いも寸分違わぬ巨大な岩をふたつ並べて、「一見ふつう、でも見たことない!」と叫びたくなるような光景を現出させた《repetitive objects》。

《repetitive objects》2018年 越後妻有トリエンナーレ2018参加作品

 はるか遠くの海面を眺めやるときのボリュームや質感、存在感を間近に感じるため、遠くの海の一部を切り出してきたかのような《景体》。

  茂みをかき分けたどり着いた小さい沼は、いつかどこかで見覚えがありそう。けれどそこは、水面に降り立つことのできる不思議な場所だったという《Elemental Detection》。

《Elemental Detection》2016 年 さいたまトリエンナーレ 2016参加作品

この夏、東京のどこかに、巨大な人の顔が浮かぶ

 説明しているこちらが不安になるほどの摩訶不思議な世界。言葉を介するなどのまどろっこしいことは抜きに、不確かなこの世界を私たちの実感にグッと引き寄せてくれる作品ばかりだ。

撮影:北沢美樹

 そんな彼らが、ここ数年にわたり準備を進めてきた、とっておきのプロジェクト。それが《まさゆめ》となる。

 この夏のいずれかのタイミングに、東京のどこかに、巨大な人の顔が浮かぶ……。わかっているのはそれくらいなのだけれど、起こることの説明としてはこれで合っているのだろうか。目[mé]にお会いできたので、訊いてみた。

《まさゆめ》プロジェクトの「顔募集」

「はい、合ってますよ。ですからこの夏、東京にいる人は、誰でも空に浮かぶ巨大な顔と遭遇する可能性があります」

 と、ディレクター南川憲二さん。