昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/07/31

genre : ライフ, ヘルス

 こうした事態を防ぐには、「こまめな水分補給」以外に有効な対策はない。

 とはいえ、闇雲に大量の水を飲めばいい、というものでもないようだ。

「1日あたり2リットルを超える水を飲むのはスポーツ選手や屋外で働く人は別として過剰摂取といえるでしょう。特に短時間に大量の水を飲むと、体が『いまは水分を必要としない』と判断し、本当は必要な水分まで尿にして排泄してしまうのです。また心筋梗塞や心筋症、心房細動など慢性の心不全の治療を受けている人、あるいは利尿剤を服用中の人は、水分摂取量に制限があるので、医師の指示を厳守してください」

1日あたり2リットルを超える水を飲むと逆効果になる「過剰摂取」の危険性も ©iStock.com

水分補給の目安は…

 では、それ以外の健康な人は、どのようにして水分補給するべきなのか。三好医師が推奨するのは、先にも触れた「尿の色」を目安にする方法だ。

「尿の色が透明、もしくは透明に近い色であれば、水分補給はうまく行っていると考えていいでしょう。反対にはっきりした黄色、濃い黄色の尿が出るようなら、積極的な水分補給を心がけてほしい」

 ちなみに、水分補給というとスポーツ飲料を思い浮かべるが、これらの中には糖分がたっぷり含まれているものもある。水分と一緒に糖分を過剰に補給してしまう危険性があるので、血糖値の高い人は注意を要する。緊急事態でなければ水や麦茶でも十分だし、どうしてもスポーツドリンクを飲みたいなら水で薄めて飲むという手もある。

 梅雨明けから脱水のリスクは急速に高まる。

 くれぐれもお気を付けください。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z