昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《大谷翔平ファン投票1位で球宴出場》“投手に専念しろ派”だった張本勲も“大あっぱれ”で掌返し「打者・大谷は俺の想像を超えた」

「体力ある。技術ある。筋肉は柔らかい。足は速い。顔はいい。性格はいい。天は六物を与えたな。こんないい子はいないよ。俺はアメリカの野球は好きじゃないんだけど、大谷の活躍を楽しみに毎回観てるんだ。うれしくてしょうがない。大谷が日本ハムに5年間いたとき、俺は毎年キャンプで会えるのを楽しみにしていたのよ。俺もこんな息子がいたらいいなと思っていたから、4年前に彼がアメリカに行ったときは本当に不安だったけどね。これまでケガに苦しんだけど、オールスター出場は当然でしょう」

DH部門でファン投票1位に輝いた大谷 Ⓒ文藝春秋

 アメリカ・大リーグのエンゼルス大谷翔平選手(26)がア・リーグのDH部門ファン投票1位でオールスターに初選出された。オールスターは日本時間7月14日に行われ、日本人野手では、イチロー、松井秀喜、福留孝介に続いて4人目で、DHとしては初出場となる。大谷はオールスター前日(日本時間7月13日)に開催されるホームラン競争への出場も表明している。

あの“球界のご意見番”も「打者・大谷」に太鼓判

 メジャー4年目となる今年は実力が開花し、これまで75試合(日本時間7月2日時点、以下同)に出場して、〈打率.277 打点63 盗塁11〉の好成績を残し、ホームランは28本と両リーグを通じてトップを走っている(※日本時間3日には29号、30号を二打席連続で記録)。連日のように野球ファンを魅了する“翔タイム”に、珍しく冒頭のように「うれしいねえ」と目尻を下げるのは、球界のご意見番で、3085本という日本プロ野球史上不滅の最多安打記録を持つ張本勲氏(81)だ。

“球界のご意見番”張本勲氏 Ⓒ文藝春秋

 日曜朝の「サンデーモーニング」(TBS系)のコーナー「週刊御意見番」などで、数々のアスリートの「あっぱれ!」な活躍も、「喝」を入れたくなるような体たらくも、歯に衣着せぬ物言いとともに見守ってきた張本氏。これまで大谷の二刀流に苦言を呈してきた張本氏は、打者よりも「投手・大谷」を評価してきた野球界OBの1人だ。だが「文春オンライン」特集班の取材に「ホームラン王も獲るかもわからんぞ」と打者・大谷の実力を認めたのだ。