昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/07/19

野手のすごさをリスペクトしているはず

 二刀流を続ける大谷にはとりわけ、感謝している人がいると川﨑は考えている。

©文藝春秋

「大谷選手が誰よりもリスペクトしてるのは、イチローさんであり、(MLB現役史上最高の選手のひとりといわれる中堅手の)マイク・トラウトだと思います。守っている時間は野手にとってものすごくキツイんですよ。大谷選手が投手のときは、マウンドで投げるからそれも大変なんだけど、自分主導で投げて、かつ常時体が動いている環境に置かれているとも言えます。ということは、ほかの野手にしてみたらある意味、すごくキツイことをやっていないようにも見える。野球のいちばんしんどい作業は、動かずにずっと待っていることだからです。ベンチにいることもそうですが、いつ来るかわからない打球を待つこと、それで自分の打席でも結果を出さなければいけないことは、本当に大変なんです。動き続けるほうがある意味、楽なんです。どんな点差になっても、たとえば10対0でも守っているイチローさん。たとえば0対11、大谷投手がいくら打たれてもずっと中堅で守り続けているマイク・トラウト。大谷選手からしたら、彼らに対してのリスペクトは計り知れないものだと思います。だから、大谷選手はみんなに感謝しているはずです。だから、いい結果につながっているのではないでしょうか。野手はピッチャーのために守る。ピッチャーも野手のために投げる。こういう信頼関係があるチームが強いんです」

 川﨑は現在、BCリーグの栃木でプロ野球選手を夢見る若者とともにプレーし、ふとした会話のなかからさまざまな考え方を伝え、野球に臨む姿勢を背中で見せている。子供たちを指導する野球教室にも熱心だ。

「誰かに何かを伝えるということは、僕自身に伝えているのと同じなんですね。自分のプレーにすごく生きるんですよ。若い時に教えてもらったこと、自分が考えていまやっていることをアウトプットすることによって、また自分に返ってきて、『あっ』と気づくこともある。だからいま、プレーの状況はすごくいいですよ」

 メジャーを経験して伝えたい技術もある。基本に忠実が是とされる日本では、少年たちに逆シングルでの捕球をあまり指導しない。ところが、基本どおりに正面で捕球すると腕を上下に使えないが、逆シングルだとグラブの高低差が使えることで、より捕球しやすくなるというのだ。

「こういうのは教えたがらないですけど、これはやるべきだなと思いますね。筋力がつく年齢になったら逆シングルはどんどん使うべきだなと思います。小中学生はどんどんエラーをするべきだし、ひたすら勝つような野球はしなくてもいいんです。野球で勝ったから、野球がうまいから偉いわけじゃない。野球をしていかに幸せになるかを考えることが大事。『Have fun!』なんです。大谷選手を見ていると、彼も『Have fun!』。メジャーリーグを本当に楽しんでいますよね。加えてジョーがいれば、鬼に金棒どころじゃない。“鬼に機関銃”くらい心強いはずです」

【続きを読む】「成功の基準は3割20勝」「不滅の記録をつくればいい」野村克也が晩年に残した大谷二刀流挑戦への“ぼやき”

証言 大谷翔平 (宝島社新書)

張本 勲 ,野村 克也 ,江本 孟紀 ,ほか

宝島社

2021年6月10日 発売

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー