昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「夜の仕事は全部やったかな」30代後半の援デリ嬢が、部隊の“稼ぎ頭”だったワケ

2021/07/07

「うわー、じゃあ鈴木さん、お盆進行大変じゃね?」

 30代後半の援デリ嬢の言葉を聞いて、思わず舌を巻いた。お盆進行とは、夏のお盆期間に印刷や製本業界がお休みになってしまうため、執筆や編集デザインといった業務が前倒しになる、夏の出版業界恒例の繁忙期のことだ。

 この姉さん、そんな言葉まで知ってるのかよ……。(全2回の1回め/後編を読む)

守備範囲の広い「稼ぎ頭」

 この取材を立てたのは、2015年に入ったばかりの頃だったと思う。震災前後から一般の風俗店に本業をもって週1出勤で在席をするような兼業風俗嬢が増える中、人的飽和状態に陥った風俗業界から援デリ業界に流れるキャストがやたらと増えているという、そんな現場報告を受けての取材だった。

 想像していたのは、性風俗の底辺からも排除されてしまった女性の困窮の像。けれど、業者の紹介するその取材対象者が口を開いて数分で、自分の浅はかな想像力に反省することとなった。

 池袋のマクドナルド地下席、名古屋巻きの縦ロールを指でいじりながら話す彼女をパッと見れば、何の職業を想像するだろう? 飲食系? とはいってもどちらかと言えばバーを任されている店長か。

 驚くのはその守備範囲の広さで、1980年代生まれのはずの彼女は、その80年代の洋楽から現代のアニソンまでをカバーし、競馬にマージャンに抜け目なし。野球もモータースポーツも、出版業界から不動産業界の業界ネタ等々、すべてにガッチリついてくる。趣味はサーフィンと海外旅行で、10か国以上を旅した経験があるのだという。

 少し小太りでアンパンマンフェイスかもしれないが、笑顔とバランスの良いメイクで、軽快に(かといって軽快過ぎずに)語る、そんな彼女は、所属する援デリ部隊の「稼ぎ頭」だった……。

©️iStock.com

同じ援デリチームでも雲泥の差が

 援デリは未成年に限定した管理売春ではなく、同じ部隊に未成年と成人のキャストが同時に所属することは珍しくない。彼女が所属する部隊は、キャストが彼女を除いてふたり所帯という小さなチームだったが、そのふたりは家出の15歳と元家出の19歳。同じマクドナルドの地下席で待機中だが、なんだか周囲の空気にどんよりしたものを感じた。

「いやいや稼ぎ頭ってもあたし、全然大したことないし、援デリだけやってるわけじゃなくて、いま別の仕事もやってるんですよ。何やってっかはまあ、聞くそれ? 今までかー。まあ全部中途半端だったけど、夜の仕事は全部やったかんじかな。はじめピンサロじゃん? あとデリやってキャバやって、援デリやってラウンジやって。でも一番長かった仕事はキャバとパチンコ屋かな。パチンコ屋は社員だったんで。あ、子どもはいないっす、バツイチだけど」

 なめらかに話す彼女。この援デリも、あくまで過去の人脈で頼まれてサポートで入っただけで、まずは部隊が落ち着くまで、気が向いた時間とタイミングで顔を出せばいいことになっているらしい。

 それでいて、3週間も経たぬうちに稼ぎ頭。一方で、店の向こう側の席でどんよりと打ち子(援デリ嬢にかわって客と携帯電話でメッセージをやりとりする役割)が客を落とすのを待つふたりは、かたや打ち子の部屋の居候(15歳の方)、かたや一緒に暮らす元ホストが店をクビになったばかり(19歳の方)の超ピンチ。

 その表情にある余裕の対比に、思わずため息が出た。