昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「30枚送れば電話、50枚送れば会える」ワタナベマホトは15歳の女子高校生に裸の写真と学生証を…SNS性犯罪者の罠

2021/07/20

 男は一見、どこにでもいる若者だった。

「やめなきゃという気持ちもありましたが、出所後に会社をクビになったり、SNSで誹謗中傷を受けたり多大なストレスがあって、はけ口に男の子との出会いを求めてしまいました」

 坊主頭に黒い長袖Tシャツ、紺色のスウェットズボンで千葉地裁の法廷に現れた富田嵐(当時29)は、強制性交等などの罪で起訴された。

「ひま部」というアプリを使っていて……

 富田は2014年6月、船橋市の商業施設で6歳男児をトイレに連れ込み体液を塗りつけるなどして強制わいせつや児童ポルノ禁止法違反に問われ、懲役2年の実刑判決を受けている。今回の事件は出所から2年後の犯行だった。被害に遭ったのは、当時小学5年生の男児。調書で富田との出会いをこう語る。

「母親が買ってくれたタブレットで『ひま部』というアプリを使っていて、被告人と知り合った。LINEに移ってやりとりを続けていると、お互い車に興味があるということが分かった」

 ラジコンカーを買ってあげる……などと男児を誘い、自宅に連れ込んだのは2018年のこと。わいせつな行為に及び、その様子をスマホで録画していた。『ひま部』(現在はサービスを終了)は学生限定のSNSだったが、富田はそこに紛れ込み、男児に接触した。

 富田は昨年11月にも、別の5歳男児を市川市内の商業施設内トイレに連れ込み自慰行為を見せたとして、わいせつ目的誘拐などの容疑で逮捕されていたが、この捜索にて差し押さえられたスマホから、今回起訴された事件が発覚した。

写真はイメージ ©iStock.com

本棚の携帯電話で盗撮に気づいた

「間違いありません」と起訴事実を全て認めた富田は「当時は男児も性的な行為を望んでいると思っていた」と明かしたが、男児は望んではいなかった。調書にこう明かす。

「ベッドに座らされ『チンコを触らせてほしい』と言われた。嫌だったが、被告人が大人だったのと、被告人の自宅にいたため助けてくれる人がいなかったので応じた。『もう帰りたい』と何度か言ったが、理由をつけて帰してくれなかった。部屋を見ると、携帯電話が本棚に置いてあったので盗撮に気づき『データを消して』と頼んだ。嫌な思い出として消えることはない」

 男児の母親が被害を知ったのは、富田の逮捕後。警察から連絡を受けてだった。