昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2021/07/16

佐藤健と独立「心はもう、部長です」

 今年、『コントが始まる』(21)でコメディ俳優、28歳のシンジを演じた『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(21)と『100日間生きたワニ』(21)で声優と、それぞれの真価を発揮する一方で佐藤健と「株式会社Co-LaVo」を設立して独立した。

©文藝春秋

 神木家の家訓について「『素直なかわいい人間でありたいよね』というのがあるんです。でもそれは、何も知らない素直ではなく、黒い部分も白い部分も全部知ったうえでの素直さ、それをふまえて謝罪と感謝がきちんとできることが大切だと」とも明かし(※6)、デビュー25周年を迎えた去年には、自身のことを若手だと思うのか、ベテランだと思うのか問われると、「心はもう、部長です」「(部長として)『そろそろ若いヤツ育てるか』みたいな」「エンタテインメント業界の人たちがうらやむようなことをやってみたい」と今後の展望を語っていた神木(※2)。

 すでに現時点で“部長”どころか“会社設立者”であるだけに、「うらやむようなこと」には期待してしまう。それがなんなのか見当もつかないが、こちらこそ「よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!」の所存で新たなフェーズを待ち受けたい。

◆ ◆ ◆

【参考資料】
新R25」(2019年2月14日、※1)
「日経エンタテインメント!」(2020年11月、※2)
『遠くの空に消えた』パンフレット(※3)
「女性自身」(2020年11月3日号、※4)
「ユリイカ」(2016年9月号、※5)
「女性自身」(2015年10月13日号、※6)
『行列のできる法律相談所』(2007年12月2日放送)
「週刊文春」(2019年12月12日号)
「フィガロジャポン」(2021年1月号)

その他の写真はこちらよりご覧ください。

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z