昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「もしも、歌うことや踊ることが出来なくなったら…」“10万人に1人の難病”を患うAKB48・柏木由紀(30)が活動再開

7月15日は柏木由紀の誕生日

2021/07/15

 先月より脊髄髄内腫瘍の摘出手術と治療のため芸能活動を一時休止していたAKB48の柏木由紀が、30歳の誕生日であるきょう7月15日、活動を再開する。

柏木由紀

「10万人に1人の難病」ともいわれる病気が柏木に見つかったのは、先月3日に放送された『主治医が見つかる診療所スペシャル』(テレビ東京系)で人間ドックを受診した際だった。これを受けて、早期手術と治療のため、一定期間の休養をとることが決まる。先月25日に行われた手術は7時間以上におよんだが、術後は順調に回復を見せ、今週初めに復帰を発表するにいたった。

「帰る場所」があることが心の支えに

 本人は復帰発表にあたり、所属事務所の公式サイトに寄せたコメントで、《正直、ほっとひと安心しています。病気を知ってから、もしも、歌うことや踊ることが出来なくなってしまったらどうしよう、という不安が常にありました。/そして、帰る場所があるということがどれだけ支えになるか、実感した1ヶ月でした》と、無事に復帰が決まるまでの心情を明かしている。療養中には、その「帰る場所」であるAKB48の9月リリースの新曲「根も葉もRumor」の選抜メンバー入りが発表された。すでに決まっていた写真集『Experience』発売記念オンラインイベントも予定どおり7月18日に開催されるという。

写真集『Experience』(集英社)

 復帰初仕事となる、きょう深夜放送のラジオのレギュラー番組『柏木由紀のYUKIRIN TIME supported by DAIYAME』(TOKYO FM)で、彼女がどんな第一声を発するのか、気になるところだ。

ラジオ『柏木由紀のYUKIRIN TIME』公式サイトより

元乃木坂46メンバーが「顎変形症」を公表

 柏木が手術を受ける前月、乃木坂46の元メンバーである伊藤かりんも、顎変形症の手術を受けている。もともと、しゃくれた顎にコンプレックスがあり、嚙み合わせにも違和感があったので、調べていたところ、自分が顎変形症のうち下顎前突という症状にあたると知ったという。すでに乃木坂46を卒業する直前、一昨年4月に初めてカウンセリングを受け、矯正治療とあわせて外科手術で治すことに決め、9月より術前矯正を始めていた。

伊藤かりん 本人YouTubeチャンネルより

 

 ただ、病気について公表するかどうか悩んだという。それでも術前矯正の段階で風貌に変化が現れ、それに気づいたファンから心配する反応があったことから、手術を目前にして自身のYouTubeチャンネルで発表に踏み切った。

 YouTubeでは、入院してから手術を受けるまでの様子や術後の経過を、病室でも動画を撮影して逐一レポートしている。術前と術後での顔の変化を自ら説明するのは、勇気を要したことだろう。手術から1ヵ月後には、乃木坂46の先輩である松村沙友理の卒業コンサートと併催されたグループ内ユニット「さゆりんご軍団」のライブに軍団の一員として出演し、元気な姿を見せた。