昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「本当に心の支えになりました」広島・中村奨成の運命を変えた“スエさん”の物語

文春野球コラム ペナントレース2021

2021/08/27

 今でも、LINEにメッセージが入ることがある。「ヤバいっす。ミットの皮ひもが切れました」。プロ野球選手になっても、飾らない姿は少年時代と変わらない。

「そういうことが何度かありました。嬉しいもんですね。シーズンオフには、うちの店に寄って、スタッフに声を掛けてくれたりしました。シーズン中も、『ホームラン打ったの見てくれました?』なんて連絡が来ることもあります。仕事で見られなかったときは、慌ててYouTubeで映像を探しますよ」

中村奨成の運命を変えた人物

 末兼洋一さん。広島県廿日市市を拠点にスポーツ用品の販売を営んでいる。この道25年、シオダスポーツを運営する(株)ビクトルの代表を務める。とはいっても、気さくな語り口は昔から変わることがない。

 この人が、中村奨成の運命を変えた人物である。この出合いがなければ、甲子園での1大会6本塁打もなかったかもしれない。末兼さん自身は、謙虚に首を横に振るが、中村自身は感謝の気持ちを忘れない。

中村奨成

「小学1年からの付き合いです。スエさんには感謝しかありません。あの人がいたから野球が続けられました。広陵高校に進むことができたのも、スエさんとの出合いがあったことがきっかけになっていると思います」

 2人の記憶に少しズレがあるのも、心地良い。スエさんの記憶は、こうだ。

「小学校1年からって言ってましたか? たぶん、初めて彼を見たのは2年だったと思います。大野友星という軟式野球のチームでした。元気が良くてフルスイングの印象はありましたが、他にも良い選手がたくさんいましたので、彼だけが目立つという感じではありませんでした。もちろん、仕事で相手チームも担当していることもありましたから、彼だけに肩入れをして見るということではありませんでした」

 スエさんは、どこまでも自然体だ。だからこそ、中村を始め多くのアスリートが慕うのだろう。

 ただ、中村の才能はスエさんを前のめりにさせた。

「中学生になり大野シニアベースボールクラブでプレーする頃になると、目立っていましたね。肩の強さが抜群でした。一塁ランナーをキャッチャーからの牽制でしょっちゅうアウトにしていました。もう、相手ランナーもリードを大きく取れなくなっていました。打撃も凄かったです。グランドの外野のネットを越えて、その向こうの敷地の境界にあるネットを越える打球を打っていました。指導者の方々からも、(上のレベルで)勝負できる選手だと聞いていました」

 プレーだけではない。

「明るい性格で、ウラオモテがなく、正直に自分の失敗を認める姿もいいなと思いました」

中村には広陵高校が合っていた

 スエさんの仕事は、営業やメンテナンスが中心だ。しかし、中村の存在が気になるようになっていった。業務のみならず、休日があれば、中村の所属する大野シニアの試合を見に行くようにもなっていた。

「野球で勝負したい」。これは、中村も指導者も一致していた。そのうちに、全国区の強豪である広陵高校の見学に行けないかと(周囲からも含め)相談を受けるようになった。

 スエさんは、少年野球から高校野球、大学野球に社会人と多くのチームを担当している。もちろん、一歩引いた冷静な目で各チームをアシストし、それぞれのチームに良さがあることは肌で感じている。もちろん、「どのチームが良い」ということではない。

 ただ、中村には広陵高校が合っていた。

「中井(哲之)監督は、野球のみならず、人となりを大事にする指導をされているように感じます。野球人として。その前に、男として、人として。そういうことを叩きこまれます。中井先生は、厳しくて愛情もあって、彼に合っていたのだと思います」