昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「うっ、うっ、うっと涙が出た」荒涼とした砂漠を3時間歩いた末に私が辿り着いた“信じられない光景”

パワースポットに行ってみた #2

2021/07/25

触れてはいけない聖なる井戸「パンサーメドゥ」

 まず最初に向かったのが、パンサーメドゥ。聖なる井戸だそうで、湧き水が。観光の方もちらほらいる。(全2回の2回目。#1から読む)

 お花畑が広がっていた。聖水がわきでるところは、触ってはいけないことになっていた。

「シャスタに来ると、人生の転機を迎える方が多いです。そういう場所なんです」

 とガイドさん。私は、スピリチュアルとかあんまり好きじゃなかったので、「ふーん」とだけ答えた。

「ハートレイク」ネイティブアメリカンのかたがいまだに瞑想したり儀式を行う場所。シャスタ山一帯は、地下に巨大なクリスタルが埋まっているとされるパワースポット。なんだか体が軽かった気がします ©大宮エリー

「魂の目的に沿う生き方になるんです。本当の自分に出会えて、号泣される方もいます」

 私は真面目な顔でガイドさんに言った。

「私がもし、泣かなくても、がっかりしないでください。私は自然が大好きなので、このお花畑とか、山々とか、美味しい空気、それだけで満足ですから」

 そう言ったら、ガイドさんはぽかんとしていた。

 少し驚いたのは、ハートレイクという場所にて起こったこと。

 ハートレイクとはハートチャクラとやらが開く、ネイティブアメリカンの方々がいまだに儀式をされる湖。それをみるのに登山しないといけない。

「シャスタ山」ガイドさんが神妙な顔で言いました「なぜクリスタルカイザーっていうか知ってます? この一帯にはたくさんの巨大クリスタルが埋まっているって言われてるんです。だからお水にもパワーがあるんですよ」 ©大宮エリー

 運動不足で登山なんて、学生以来だから少しひるんだが、行くことに。するとだんだん、元気になってきて、足が止まらなくなる。漫画みたいに足がくるくる回る感じ。

「エリーさん、登山部だったんですか?」

「どうして?」

「だって、全然、息があがってない」

おかしいなぁ、でも本当に、からだが楽。

 で、ついに、ガイドさんが苦しそうに言った。

「エリーさん、早いから、もう先に行ってください。頂上は1個なんで」