昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

材料5つとは思えないクオリティ! 「レモンのクリームソーダ」を作ってみた《全工程写真付き》

2021/08/07

 喫茶店の定番メニューとして長年愛されている“クリームソーダ”。緑色のメロンソーダの上にバニラアイスと赤いチェリーが載っている飲み物を思い浮かべる人も多いだろう。

 昭和レトロなイメージが強いクリームソーダだが、令和の今、若者の間でブームが到来しているという。専門店で色とりどりのクリームソーダを飲むのも乙だが、オリジナルのクリームソーダを作って楽しむファンもいるらしい。(前後編の後編/前編を読む)

◆◆◆

 現在発売中のクリームソーダ職人・tsunekawaさんのレシピ本『空色のクリームソーダRecipe』のなかから、夏におすすめのクリームソーダを聞き、実際に作ってみた。

レモンとローズマリーのクリームソーダ

 レモンの生しぼり果汁、そこにローズマリーで香りを加えるクリームソーダ。名前だけでもさわやかさが感じられる一杯だ。 

材料(1杯分)

 ・レモン                        1個

 ・ガムシロップ(8ml)            2個

 ・炭酸水                        140ml

 ・氷                            適量

 ・ローズマリー                2~3本

 ・バニラアイス                適量

 

 道具

 ・レモンしぼり器

 ・アイスディッシャー

 ・グラス

 ・スプーン

©️清談社

 材料のほかに忘れてはいけないのが、クリームソーダづくりに必要な道具。アイスディッシャーやレモンしぼり器はECサイト、グラスやスプーンは100円均一でも手に入る。価格はピンきりだが、趣味としてハマるなら道具にこだわるのもアリだ。

作り方

1:レモンを中央から半分に切り、半分はしぼり器で果汁をしぼる。もう半分は2mmの幅で輪切りにする。

©️清談社

2:計量カップに1のレモン果汁、ガムシロップ、炭酸水を注ぎ、そっと混ぜる。

 tsunekawaさんいわく「2を作るときにローズマリーをすりつぶして入れると、ローズマリーの風味が強くなる」とのこと。好みに合わせて工夫しよう。

レモンの果汁を加えただけでも淡い黄色に。 ©️清談社

3:グラスに氷をそっと入れ、途中でローズマリーと1の輪切りのレモンをバランスよく入れる。

レモンとローズマリーの配置にセンスが問われる気がする……。 ©️清談社

 クリームソーダの氷は「かち割り氷」がおすすめ、とtsunekawaさん。見た目もキレイでグラスに詰めやすく、アイスも載せやすいなど、クリームソーダとの相性がバツグンの氷だ。

4:2で作った炭酸水をそっと注ぐ。

5:バニラアイスをのせて、残りの輪切りのレモンを添える。