昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「絶対に言えない企業秘密です」…女性3人で立ち上げた「バナナジュース店」は、なぜ“行列のできる店”になったのか

 コロナ禍で苦しんだ2020年度。窮地から駆け上がった女性たちがいる。神戸夙川大出身の3人組、磯石裕子さん(31)、清水依子さん(32)、阪本日向(ひなた)さん(30)だ。きっかけは、1杯の「バナナジュース」。彼女たちには、発想を行動に移すスピード感、地域住民との触れ合い、SNSでの拡散力があった。

京都・今出川にある「サンキューバナナ」本店。左から清水依子さん、阪本日向さん、磯石裕子さん

◆ ◆ ◆

 今年3月16日、磯石さんと清水さんは静岡市にいた。同月1日、プレオープンした「サンキューバナナ」の日本平店を視察するためだ。1年前、ゼロから始まった「バナナジュース事業」。本人たちも想定外の展開でここまでになったことを再確認し、磯石さんが声を弾ませた。

「おしゃれな感じになっていてうれしいです。ここで計5店舗目になります。他の店は冬場に営業せず、その前に終えた期間限定店もあったので、日本平が初めての常設店になります。まだ、ほとんど告知をしていないのに、1日50杯以上を売り上げたりしていますし、ここからが楽しみです」

コロナ禍でやることもなく自宅にいる日々…

 19年12月24日。磯石さんは、株式会社Gingerを京都市に設立した。ウエディングのプロデュースを目的に、貯金400万円をつぎ込んだ。磯石さんのウエディング業5年、リゾート観光業3年のキャリアを生かした企画が受け、滑り出しから予約が多数入った。文字通り、夢が広がる日々。目途が立った段階で経理、営業経験もあるデザイナーの清水さんが合流した。

「後々、社員たちが自慢できるように『令和元年』にこだわり、2019年内の設立にしました。実際に動き始めたのは、20年1月からですが、3月になって延期、キャンセルの連絡が相次ぎました。新型コロナウイルスの感染拡大が原因でした。当時は『一時的なもの』と思っていましたが、収入の当てがなくなり、不安で不安で、心細くなっていきました」(磯石さん)

 瞬く間に「ステイホーム」が叫ばれ、拠点にしていたシェアオフィスも使えなくなった。仕方なく、叔母が所有していた京都市内の民家を借りて、オフィスにした。だが、やることもなく自宅にいる日々。無意識に磯石さんは、祖母(大橋法子さん=82)、母(磯石万里さん=55)から受け継いだ、バナナとミルクだけで砂糖を使わないジュースを作るようになっていた。

磯石さん

「これで、いつオープンするの?」「いける感じする」

「おいしくさせるちょっとしたコツがあって、マイブームのような感じで作っては、自宅に来る人にふるまっていました。依子、日向と鍋パーティーをした3月19日もそうでした。すると、依子が『いつ飲んでもおいしい。これで、いつオープンするの』って言うんです。『えっ、(ステイホームで)人のいない状況でやれると思うの? (近くの)同志社の学生もいないし』と返したのですけど…」(磯石さん)

 それでも、清水さんは「いや、いける感じする」と背中を押し続けた。

「それだけ味が良かったんです。砂糖を使っていないのに、甘味があって、クリーミーで、濃厚で…。なので、『不安ばかりの日々だけど、私たちらしくハッピーなことをしようよ』と勧めたんです」

 2人の1学年後輩で、7年間、アパレル小売業の会社に勤務してきた阪本さんも「できるんじゃないですか。そんなに手間がかかることではなさそうやし」と追随した。