昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

外出自粛で流行中 なぜみんなバナナケーキを焼き始めたのか

2020/04/29

genre : ライフ, グルメ

 人はストレスがたまると、甘いお菓子が食べたくなるものだ。2月末、新型コロナウイルス対策の全国一斉休校措置がとられて以降、スイーツ類の売上が上昇している。

東京の洋菓子店の売上が前月比で3割増

 まだはっきりした統計はないが、3月前半に日本洋菓子協会連合会の役員から、東京の洋菓子店の売上が前月比で3割増という情報を得た。この時点では、家にいる子どものご機嫌取りで買いに行って、ついでに家族のために余計に、という行動だったと思われるが、4月下旬の現在もお菓子の勢いは続いている。

 とくにネット通販が好調で、コンビニでも冷蔵スイーツコーナーの減りが従来より早いように見える。普段それほど食べない人も、癒しを求めてつい買ってしまうのだろう。 

©iStock.com

 デパ地下に入っているような大手メーカーは休業して通販中心にシフトしているが、いわゆる街のお菓子屋さんは、「お客さんが来るから」と、休むに休めないようだ。人気パティシエの洋菓子店には、引きも切らぬ来客を、入場制限と手指消毒でさばいているところが少なくない。新型コロナで危機に瀕している飲食業界にあって、例外的にお菓子屋さんは忙しい毎日を送っている。

緊急事態宣言後は家でのお菓子作りが広がっている

 7都道府県に緊急事態宣言が出て、本格的巣ごもり生活がスタートしてからは、家でお菓子の手作りに励む人が増えてきた。これまで時短・手抜き・作り置きでなんとかクリアしてきた日々の食生活に、突如として時間ができて、嗜好品の菓子作りにまで手がまわる余裕が生まれたわけだ。 

 ケーキやクッキーのホームメイドがブームになったのは、はるか前の1970年代、専業主婦率がピークだった頃。それ以降、大きなブームは起こっていないから、画期的な現象だといえる。 

 日本より早くロックダウンがはじまった欧米では、#quarantinecooking(隔離クッキング)のタグ付けをして、手作り料理やお菓子をSNSにアップするのが流行している。特筆すべきは、小麦粉とイーストがスーパーの棚から消えてしまったことだ。 

©iStock.com

 緊急事態宣言で米備蓄に走った日本人が多かったように、欧米人は小麦粉をパニック買いしたのかと思ったら、家にいるからパンでも焼こうという、趣味と実益を兼ねたホームベーキングの色合いが強いようだ。