昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/29

genre : ライフ, グルメ

ホットケーキミックスを使えばあとはバナナ・卵だけあればOK

 お店で売っていないから、自分で焼かないと食べられない。逆にいえば、あまりにも手近な材料で、誰でも失敗せずに作れることこそが、バナナケーキの強みだ。ということで、ネット上ではバナナケーキのレシピがたくさん見つかるが、もともと王道から外れたお菓子だから、これぞと決まった定型や基本がない。 

 そのなかで、多数のレシピに共通するのが、ホットケーキミックスを使うこと。あらかじめ小麦粉と砂糖、ベーキングパウダー、香料が配合してあるので、あとはバナナと卵だけあれば、立派なバナナケーキが完成する。ここにバターかサラダ油、砂糖を足せば、もっとリッチな味になる。バナナは手かフォークでつぶせるし、混ぜ合わせるのに繊細さは不要。ミキシングはビニール袋で事足り、特別な器具はいらない。オーブンを使わず、フライパンや炊飯器で焼くのも当たり前だ。 

洋菓子研究家の熊谷裕子さんによるバナナケーキ。コツは「バナナを入れすぎず、つぶしすぎない」ことだそう(熊谷裕子さん提供)

 これだけ超簡単なお菓子だから、正直いって、パティシエが作るように素晴らしくおいしくはない。バナナを入れすぎると、ねっちりもっちり、羊羹のような食感になることもある。バナナの水分量があるぶん、生焼けも起こりやすい。だが、それもご愛敬。完璧でなくても、自分で手作りしたという体験が素晴らしいのである。手作り菓子は、店と違った味なのが、おいしいのである。 

お菓子のホームメイドは定着するか

 70年代のホームメイドブームは、チーズケーキが火付け役だった。材料を混ぜるだけのレアチーズケーキでホームメイドの楽しさに目覚めた人はみな、クッキー、マドレーヌ、パウンドケーキ、ショートケーキ、シュークリーム……と、少しずつレベルアップしていった。 

©iStock.com

 お菓子作りには、料理とはまた違う、工作や手芸に似た喜びがある。食べれば、心を癒やす効果も得られる。コロナがいったんおさまったとしても、ワクチンが開発されず第2波、第3波のおそれがある以上、外食マインドは薄らいだままで、内食・中食へのシフトは続くだろう。だが、お菓子のホームメイドが定着するか否かは、日常生活に余剰時間を持てる働き方ができるかにかかっている。それ以前に、経済が冷えきってしまっていたら、それこそ菓子作りどころではなくなっているはずだ。

 ストレスフルなときに、甘いものがないのは、甘党ならずとも悲劇。濃厚接触には、一緒に食事をすることも含まれる。人との食事を自粛しなければならないなら、なおさらお菓子を作ったり食べたりする幸せだけは、手に届くところにあってほしい。 

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー